サスペンション交換 KYB NEWSRショック

NEWSR

走行距離が9万キロほどでしたのでサスペンションのリフレッシュ交換ですかね。

KYBのNEWSRは純正とは少し乗り心地が変わるようにセッティングされています。

日常の走りをより快適に

NEW SR SPECIALは純正ショックアブソーバと同等の形状を採用、耐久性など品質はそのままに減衰力特性を最適化することでクルマの「走る」「曲がる」「止まる」といった基本性能をしっかりグレードアップさせながら「乗り心地」とのバランスをコンセプトに開発しています。
「硬くないけどシッカリ!」普段使いの軽快なカジュアルシューズを履いた感覚で安心して走れる、なんか運転がうまくなった?と思わせるショックアブソーバに仕上げています。

引用元:KYB様NEWSR

 

走行距離が多いとスプリングのヘタリとのマッチングは少し気になりますがしっかりすることは間違えありませんね。

さて交換作業です。

フロント交換

フロントはストラットモデルです。

この車両はスタビブラケットがショックには無くショックは左右共通のショックを使用しています。

ABSのブラケットは左右で止め方が違います。トヨタ車では珍しいですね。

リアショック交換

リアは別体式ですね。

ショックがトーションビームの一番うしろに付きますね。

1Gでの締め直しもおこない作業完了です。

完了後の試乗ですが

ショックの硬さは若干ありますが少し走るとKYBのショックは和らいでくると思います。

安定感はでそうです。

 

bB

走行距離が増えてきてもそのままの状態で乗っていると揺れが大きくなりその他のブッシュやフレームなどにも影響がで始めますのでそろそろかなって思った頃が変え時ですね。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 16000円(税別)