1G締め直し作業とは

1Gとは地球上の重力のことになります。
車高の変化や足回りが異常な動きをした場合に必要な作業になります。
この作業は足回りのリンク部分のブッシュのストレスを開放し本来の作用ができるようにする作業です。
この作業により適切な足回りの動きになり本来の動きを取り戻します。

1G締め直しはどんな時に必要?

足回り交換(車高調やダウンサス)のときは必要ですか?
もちろん必要になります。
交換時はアームの角度がかわります。ブッシュってどれくらいの動きに違いがあるかですがブッシュをすべて緩めた状態で車両を揺すると上下運動でバンプラバーまでしっかりタッチするほど動きます。
ですがブッシュの締め直しを行った後は揺すったくらいではそこまでは沈み込みは同じ力ではできません。
この動きの違いがノーマルの位置で締め付けられていたとすると沈み側はブッシュ(ゴム)の抵抗があり固く感じ、伸び側は逆にブッシュ(ゴム)の反発力が強く感じます。
動きの違いが乗り心地に違和感を出してしまいます。またブッシュはゴム性質なので当然ストレスがあるとダメージを追ってしまいます。
車高調やダウンサスをつけると馴染みで車高が下がるって言うのはブッシュのダメージで車高が下がる場合がほとんどです。最初にしっかり1G締めしておくことがベストです。
1G締め直しの作業はいつおこなうの?
少しでもブッシュの負担を軽減させるため当店では足回り交換時はすべての車両におこなっております。
よく足回り交換場所のみの1Gで問題ないと言うお店もございますがアームは車高の変化があれば全箇所変化がでます。
当店では足回り交換に外した部分のみではなくゴムブッシュの使われているリンクアーム場所は全箇所おこないます。
足回り交換した場合だけでいいの?
足回り交換時は必ず必要ですがその他にも段差に大きく乗り上げてしまったときや足回りをぶつけてしまったなどこの場合でも大きくブッシュが動き従来の位置よりずれてしまう場合がございます。
足回りに違和感がある場合は一度1G締め直しをおこなってみるといいと思います。
クラウン 1G締め直し1G締め付け直し
1G締め

1G締め直しと四輪アライメントの関係性

四輪アライメントを実施する際当店ではいつも心がけていることは皆様のお車の足回りの動きを考えています。
当然車両1台1台数値は変化します。
出来る限り車両にあった数値を心がけておりますが皆様のコンセプトにあった足回りの動きが正常であることが前提となります。
ブッシュにストレスがあり足回りが本来の動きができないと当然ですが四輪アライメントの威力も発揮できません。
それほどブッシュの動きは現代の車にとっては重要と言うことになります。
四輪アライメントにつきましては豊富な経験と知識を活かし個々の車両にあったセッティングをおこなっております。

作業工賃は??

おおよその工賃は国産車は3000円(税別)~6000円(税別)になりますが四輪アライメント10000円(税別)とのセットのみの作業とさせていただいております。

※1部車種でメンバーの脱着が必要な個所や部品を外さないとできない箇所の場合は締め直し不可の場合もあります。