ゴルフ7のサスペンションパーツの交換です。

 

部品はキャンバーがつけれるアッパーマウントとタイロッドエンドにロアアームボールジョイント、スタビリンクの交換です。

リアの1G締めと四輪アライメント調整作業もおこないます。

 

サスペンション交換作業

 

現状はビルシュタインのBSSキットが取り付けされています。
DCC付きキャンセラーキットがついていますのでまずが外してアッパーマウントなどをつけていきます。

アッパーマウント

アッパーマウントはキャンバーが2度半くらいになる商品でリジット化されているアッパーマウントです。
ベアリングが角度のあるタイプの車なので完全リジットになるとバネの動きの硬い部分で異音がでそうです。

ボールジョイント

外してロアボールジョイントも交換してます。
付ける前にタイロッドエンドも交換して起きます。

タイロッドエンド

スタビリンクも交換ですが長さが純正程度になってしまいますので補正という意味では少し長さが足りない感じの商品でした。
とりあえず取り付けはおこないました。

フロントを完了させてリアの1G締めをおこないます。

1G締め作業

1G締め

フロントのロアアームも1G締めしてリアも全箇所締め直しをおこないます。
締め直しを完了させて四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

さて装置を測定してみるとリアのキャンバーの差が1度ほどあります。
以前タイヤ屋さんで四輪アライメントを行っているそうですがなぜ1度も違うのかが気になりますが原因はすぐに判明しました。
四輪アライメント調整箇所はある程度の数値を見るために1G締め時点では緩めていませんが3度ついている方のキャンバー調整カムはナットがかなりゆるいです。
その他の3箇所はマーキングありでゆるい部分はマーキングなしでした。わかりませんがトルクが少し弱かったのか、ナットの不良なのかはわかりません。
もともとテフロン付きナットがついていますので再使用時は緩みどめが効きにくくなるのでそれが原因かもわかりません。
今回はそこら変のご説明もして調整をおこないました。

リアのキャンバーもある程度の指定を頂いておりますのでそのように調整しました。
左右差もなくなりきれいになりましたが現状リアのタイヤの溝の左右差がありますのでそこら辺は気になるところです。

 

試乗です。

ダイレクト感はアッパーマウント変更ででていると思います。
キャンバーがつくことによるメリットとデメリット街乗りだとどっちが良いのか、きになりますが色々試すのも楽しみの1つですね。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。