Z34にTEINさんのハイテクの取り付けと四輪アライメント調整です。

ハイテクは説明書付きなのでまずは説明書を読んでバンプのカット量の指定などがあるかを調べます。
今回はカット指定なしですね。
ダウン量は25mmと書いてあります。

ハイテク

ダウンサス取り付け作業

ダウンサス取り付け

Z34はフロントダブルウイッシュボーンでリアはマルチリンクです。
外し方はいろいろありますが当店はブッシュを緩めて外していきます。
1G締めをおこなうので余分なところは外さなくとも交換はできます。

リアダウンサス

リアはスプリングだけの交換ですが作業工程には1G締めがありますのでブッシュをすべて緩めます。
Z34は全箇所ブッシュの車両なので箇所も多いですしやりにくい箇所も多いです。
1G状態でリアスプリングを見てみると真ん中部分は完全に密着していますね。
この密着にも意味があるんですよ。また時間があるときに説明でも書こうかな。

交換完了すれば1G締め作業です。

1G締め作業

四輪アライメント調整

前後で何か所くらいか数えてはいませんがかなりです。
工具を使い分ければしっかりできますので問題ない車両です。
締め直しが終わって試乗です。

車高の変化

車高は結構下がりましたね。25mm以上のダウンです。
1G締めでの違いなのかメーカーマッチング車両との違いなのかはわかりませんがリアはフェンダーとタイヤの隙間がないくらいの車高まで下がりました。

四輪アライメント調整

車高の下がっていますのでフロントのキャンバーやリアのキャンバーもかなりついています。
フロントはキャンバーの調整ができませんので現状のキャンバーから言うと内減りは避けられないです。
ホイールの出ずらが厳しいのでキャンバーをもっとつけようと思っていたそうでキャンバーは問題ないそうです。

Z34の数値は少し特殊な数値です。
スポーツカーでワイドの車両です。数値はうなずけます。
ですがこのセッティングのままだとタイヤの減りはかなりものになってしまいます。
リアはキャンバーはめいいっぱい起こしましたがそれでもかなりついています。
トーの数値は純正値より変更して調整をおこないタイヤのことを中心に考えてのセッティングでおこないました。

TEINハイテク取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

ハイテクの乗り心地は1G締めもありかなりマイルドな乗り心地です。
純正ショックとのマッチングがかなりいい感じです。
動きがある分大きい段差を通過するとフロントのインナーライナーに少し干渉する音がしました。
結構下がっていて動きがしっかりでていますのでダウンサスですとすってしまうのでしょうね。

四輪アライメントの数値の変更はさほど気にならない感じでしたので良い感じでセッティングできたと思いますがタイヤ優先のセッティングになっていますのでZ34のコーナーでの動きは少し変わってしまうと思います。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

ダウンサス取り付け工賃 16000円(税別) 四輪アライメント調整 10000円(税別)