N-ONEにHKSさんの車高調 スタイルCの取り付けです。
軽自動車にHKSさんの車高調は久しぶりに取り付けをします。
スタイルCは減衰力固定のモデルになりますのでHKSさんの考えた仕様での乗り心地になります。
楽しみですね。

N-ONE車高調

車高調取り付け作業

NONEフロント車高調

フューズボックスをずらしてアッパーマウントはアクセスします。

今回は高さはHKSさんの推奨になります。
フロントはストラットタイプでHKSさんの場合はベアリングまでセッティング済みなので純正と取り換えてフロントは完了です。

N-ONEリア車高

リアは内張の脱着が必要になります。
サスペンション自体はトーションビームになりますのでショックとスプリング別体式になります。
今回HKSさんには珍しく純正のスプリングシートの加工が必要になります。
ロア側のスプリングシートですがゴムの劣化が少しあり廻り止めのような突起の部分が外すときにちぎれてしまいました。
取り付けには影響はございませんので加工部分をカットして取り付けです。

高さは推奨になりますのでそのまま1G締めの作業開始です。
リアはそのままの状態でも1G締め可能です。フロントはアンダーカバーのボルトを1箇所はずせば問題なく締め直しできます。

車高の変化

HKS推奨

HKS推奨

車高の高さは前後均等にさがっておりフロア並行な感じでのセッティングです。
もともとフロントの隙間は結構あっての並行なので均等に下がれば前は少し空いた感じにはなりますね。
光軸ロッドも同時に取付の方ご依頼いただいておりましたので交換いたしました。

取り付け完了です。

試乗後、四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

さて取り付けしただけの数値がかなりのひどい数値でした。
この状態ではまともに走れません。
キャンバーも片側はポジティブキャンバーに1度くらいでトーはかなりのトーアウトです。
さて修正です。

キャンバーはストラットボルト部分で調整をおこないなんとか0付近まで調整ができました。
HKSさんのテスト時の四輪アライメント数値のキャンバーが18分ほどのネガティブキャンバーなのでもともとキャンバーのついないセッティングですね。
左右差もしっかり0付近に調整ができましたので調整しトーはHKSさんのデータを参考にして調整をおこないました。

数値もしっかりした状態になりました。

 

HKS車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

走りはさすがという感じでしっかりしています。軽自動車なので倒立式の車高調は強度がありかなり硬いのかなって思っていましたが全くそんな感じはなくしっかりしていて乗りやすいです。
純正よりかなりしっかりしていますのでもう少しキャンバーがあっても面白く走れそうな感じがします。
またワタナベの特注ホイールがかなり目立ちますね。少しフロントタイヤは出気味なのでキャンバーボルトがここでも有効になってきますね。

 

それではこの度は奈良県よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

車高調取り付け工賃14000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)光軸ロッド取り付け1000円(税別)