アルテッツァにブリッツの車高調とTRDのロアアームNo2です。

ブリッツ車高調

商品は中古品ですが走行距離は少ない車高調だそうです。

TRDのロアアームNo2はブッシュは新品ぽい感じです。

車高調取り付け作業

フロント車高調

車高の高さはご指定がありますので指定の高さに調整をおこないます。

現状スプリングが遊んでしまっている状態なのでセッティングをおこない取り付けです。

 

ロアアームNO2

ロアアームNo2も同時に交換をします。純正ブッシュより硬い感じのブッシュなので少しつけずらいんです。

 

リア車高調

リアの車高調もセッティングをしなおして取り付けします。

ブッシュ部分を前後すべて緩めて車高調整をおこない車高が決まれば1G締めです。

1G締め作業

1G締め

車高調整後、1G締めです。緩めたブッシュを締め直ししていきます。

この作業で乗り心地はかなり変化がでます。マイルド感はしっかり出ると思います。

 

減衰力の延長ダイアルをご持参いただいておりますので加工して取り付けします。

延長ダイアル

内張りに穴あけして取り出します。

これで容易にトランクで調整が可能になります。

この商品イモネジで止まっているだけなので緩む場合がありますのであまりのテンションは不可です。

車高の高さ

車高

元々はタナベの車高調よりブリッツに交換です。フルタップになった分はストロークに余裕ができて車高の変化もできました。

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント数値は今回はワインディング走行をするそうなので少し走りやすい数値でのセッティングです。

あまり街乗りが多いと若干は内べりがでてしまう場合があります。

前後のトーとキャンバーの数値を調整します。

車高調の動きを見ての調整になりますのでこの数値を基準にワインディングの場合はご自身にあった数値を徐々に煮詰めていくとより楽しく運転ができると思います。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

ブリッツの車高調は結構柔らかい感じの車高調です。減衰力は中間でかなりマイルドな感じです。

ワインディング走行には少し柔らかい感じもしますがストローク分はしっかり動きますので楽しく走れると思います。

スプリングの変更でまだ減衰力もついてきそうなのでワインディング走行よりのセッティングでしたらスプリングの変更も面白いのではないでしょうか。

 

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け金額

車高調取り付け18000円(税別)ロアアームNo2交換5000円(税別)リア延長ダイアル内張加工2000円(税別)