エクリプスクロスにエスペリアのダウンサスの取り付けと四輪アライメント調整です。

同時にバンプラバーもエスペリアさんのものに交換します。

エクリプスクロス

ダウンサス取り付け作業

エクリプスクロス ダウンサス取り付け

フロントはエクリプスクロスはストラットのモデルです。
スプリングは長めのスプリングです。

バンプラバーの長さの違い

バンプラバーは純正と比べると2巻き分短くなっています。
素材もウレタンからラバーに代わりますのでバンプタッチ時の感触は違います。
エスペリアさんのものはタッチ感がなかなかいい感じなのでおすすめのバンプラバーです。

リアスプリングの交換

リアはマルチリンクでショックとスプリングは一体型モデルです。
日産のセダンも最近の車両はスプリングとショックが一体式モデルになっていますので乗り心地は別体モデルとどっちがよいのでしょうね。
SUVで比べるとトヨタのハリアーやRAV4などは別体式ですが乗り心地はリアに不満がある方が多いです。
エクリプスクロスはダウンサス装着でどうでしょう。

1G締め

エクリプスクロスの1G締め

交換完了後は1G締めです。
この車両もすべてリンク部分はブッシュになりますのですべて1G締めをおこないます。
アッパーアームもやりやすくなったので作業効率アップです

フロントはアンダーカバーの脱着が必要です。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整可能箇所は前後のトーとフロントのキャンバーの調整が可能です。
リアはいつも三菱車は調整がありましたがデリカとランエボを混ぜたようなサスペンションで今回はトーのみの調整になっています。
すべてブッシュなので1G優先になりますので遊びでの移動はできません。
フロントはキャンバーとトーの調整ができます。
ロアアームの角度もまだ平行までは言っていませんのでキャンバーもある程度純正に沿わせて範囲内でおさめての調整をおこないトーを調整します。

数値はリアのキャンバー以外はきれいな数値になりました。
リアもトーの数値である程度は内減りをカバーしていますがそれでもキャンバーに対する内減りは出ると思いますのでタイヤの確認は内側にてよろしくお願いいたします。

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

バンプラバーのショート化されていますので大きい段差以外は当たることはありません。

大きい段差でもバンプがソフトタッチ設計になっていますので感触はゆったりダウンといった感じです。
エスペリアのスプリングの動きも結構マイルドでリアの動きにゆとりがありますのでソフトな乗り心地です。

直進性を少し削ってタイヤのことを考えましたがさほど影響は出ていない感じで走れます。
エスペリアさんの乗り心地もだいぶ変わってきて走りやす感じの仕上がりが多くなってきた気がしました。

車高の変化

 

ノーマルのエクリプスクロス エスペリアダウンサス装着のエクリプスクロス

見た目の違いがかなりでますね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

ダウンサス取り付け工賃16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)