CX-5にTEIN FLEX Zの装着です。

アッパーマウントまでのコンプリート商品ですね。

乗り心地は純正に近いような乗り心地の車高調なので乗り心地の変化はあまり出したくない方にはおすすめですね。

減衰力である程度の変化も出せます。

車高調取り付け作業

フロントの車高調の取り付けです。

CX-5のフロントスプリングが直巻では無く少し太く広がっていますね。

樽型って言うタイプです。このタイプは直巻のようなダイレクト感は無いですがスプリングの動きに変化がつけられるのでTEINさんのような複筒式にはあっているのでしょうね。

フロントの車高調のブラケットです。先日ブリッツのブラケットを載せましたが全然違うのがわかりますね。

2重構造で構成されていますねそしてブラケットの厚みも分厚いです。そのかわり重たいです。

リアはCX-5はマルチリンクで別体モデルです。

最近のトヨタのマルチリンクも似た形状ですね。ショックの取り付け位置やスタビの配置もよく似ています。

車高は推奨より変更しての取り付けです。

リアはタイヤを外して外側より1G締めをおこないフロントはアンダーカバーを脱着して行います。

ライドハイドは測定して1G状態がしっかりできているか確認をしておこないます。

車高の高さは推奨よりダウンさせています。

車高が決まれば試乗して四輪アライメント調整です。

乗り心地は1G締めもしっかりおこなっていますのでブッシュの効いた突っ張った感じもありませんので動きもストロークも良好です。

かなりマイルドで純正のような動きがあります。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整です。

リアのキャンバーは若干多めです。今回は四輪アライメントの数値はストロークも乗り心地もノーマルに近いのでリアに関してはタイヤのことを重視して調整しフロントもそこまでのキャンバーはつけずに調整です。

数値もきれいになり四輪アライメント調整完了です。

 

TEIN車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

動きはしっかりある感じがする車高調なのでSUVにもあっている感じがします。

減衰力の変化でどれくらいの違いがでて高速道路などでの反応も気になる所です。

今回は推奨でのセッティングで取り付けをおこないました。

直進性と安定感も四輪アライメント調整前に比べるとかなりの向上です。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)