玄武やクスコのパーツ取り付け

玄武 パーツ

さてハイエースに一気にたくさんの部品をつけます。

玄武さんのRCジョイントとハードスラストブッシュ、バンプアジャストタイロッドエンド、強化ロアアームブッシュ

クスコさんのスタビライザーにRIMのトーションバーです。

現状も2インチのローダウンが施されていて玄武さんの部品が多数ついています。

まずはロアアームブッシュからです。

玄武ロアアームブッシュ

ロアアームブッシュは外して圧入です。

今回車両は新しいのですがロアアームブッシュはすでの変形していました。

今回はRCジョイントやスラストブッシュ、タイロッドエンドすべて交換なので下回りの足廻り関係はほぼすべて外します。

玄武RCジョイント

RCジョイントです。この商品ですが2インチダウンにつけると商品がオフセットして取り付けされますんのでキャンバーとキャスターの数値が心配です。

昔の商品はそんなことなかったのにというお話をお客様としていたら仕様変更があったそうです。

 

玄武バンプアジャストタイロッド

バンプアジャストタイロッドエンドです。

その名の通りのネーミングですね。ハイエースにどこまでバンプステアが起きるかはわかりませんが2インチですとどうでしょうね。

ステアリング操作にリニアに反応する、ジオメトリー補正アイテム!

​誰もが不快に感じるローダウンの弊害、それがタイロッドの異常な角度が原因で起こるバンプステアによるものです。バンプステアはサスペンションがストロークする際に極端なトー変化をともない、走行時における直進性の悪化を招きます。悪路で激しくステアリングがとられるのはこのためです。また、コーナリング時のステア特性にも多大な影響を及ぼし、旋回性能を低下させる要因にもなります。それらすべてのリスクを解消するために“バンプアジャストタイロッドエンド”は誕生しました。

◎バンプステアが及ぼす弊害をシャットアウト!
タイロッドの異常な角度が原因で起こるバンプステア。ボールスタッドを最適な長さに延長し、タイロッドの角度を適正化することでバンプステアを抑制。

◎ドライバーの意思にリンクする軽快なフットワーク!
バンプステアの解消とローダウンによる低重心化との相乗効果で、ドライバーの意思にリンクする軽快なフットワークを実現。

◎高い強度と機能的なデザインを兼ね備えたジオメトリー補正アイテム!
スタイリッシュな鍛造ケースに組み込まれた大径ボールスタッド。高い強度と機能的なデザインがステアリング操作をダイレクトに舵軸へ伝達。

引用元 玄武様:バンプアジャストタイロッドエンド

 

クスコスタビライザー

すべて同時ですがクスコさんのスタビライザーの交換です。ロールを抑えるアイテムですね。

ハイエースの方はつける方が多いですね。人気の商品です。

 

玄武スラストブッシュ

スラストブッシュです。ストラットバーの根本のブッシュです。

この商品は純正のゴムよりよりハードにした部品です。

ハンドリングのクイックなどしっかりした感じになりますが路面は拾いやすくなる気がします。

玄武さんのパーツは構造もこだわっているので開発のちからを感じますね。

 

ハンドリング激変! 第3のバネがもたらす異次元の安定感!

​ハイエース2WDのフロントロアアームを支えるストラットバー。その後端部に位置し、メンバーを挟み込んで連結するドーナツ状のブッシュがストラットブッシュです。このブッシュの形状およびゴム硬度を最適化することで、フロントサスペンションの大幅な剛性アップを実現しました。ストラットブッシュの役割とは、走行中に発生する振動を吸収しつつ減速時にかかる荷重を受け止め、なおかつサスペンションストロークを妨げないこと。それらを高次元でバランスさせた“ハードストラットブッシュ”は、トーションバー・スタビライザーに次ぐ第3のバネとして減速時に起こるキャスターおよびトー変化を効果的に抑制し、軽快なハンドリングと安定したブレーキングを約束します。

◎第3のバネがトーションバーをアシスト!
硬度アップにともない増加したブッシュレートがトーションバーの補助的な役割を担い、ロール剛性の大幅な向上に貢献。

◎そのフィーリングは箱車の域を超え、まるで乗用車感覚︎
箱車の常識を覆すほどの、剛性感溢れるダイナミックな走行フィーリングに多くのハイエースユーザーが驚嘆。

引用元 玄武様:ハードストラットブッシュ

RIMハイパートーションバー

最後にRIMのトーションバーです。ハードトーションバーで硬さ2倍だそうです。

このパーツも玄武さんの商品がかなり優れていますが値段が少し高いので今回はこちらの商品を選択されたそうです。

今回の商品で重要部品はほどすべての交換ではないでしょうか。

さて交換後の試乗ですがさすがに数値が狂いすぎていてまともではないです。

動きの感じはわかりましたので四輪アライメントです。

四輪アライメント

 

ハイエース四輪アライメント

 

気になるのはRCジョイント取り付け、2インチダウンでどれくらいの補正がされているかです。

さて数値はキャンバーを最大にネガティブにして0付近です。ポジではないだけって感じですが補正がききすぎている感じがあります。

ロールセンターの位置は良くなっているとは思いますがキャンバーが0付近ですと安定感やコーナー性能が少し劣ってしまう気がします。

2インチから取り付け可能とのことですが少し2インチでは厳しい感じです。

キャスターとトーも調整し試乗です。

トーションバーがハイパーに変わっているにしてはそこまでハードではないです。

動きに余裕がありますのでトータル的に乗り味が良い感じがします。

あとはタイヤの摩耗が気になります。バンプステアもどれほどの補正があるのかもしくは補正しすぎていなかなど今後のタイヤや走りに応じて数値も変えたいところですがキャンバーがつかないのは少し問題ですね。

でもしっかりとしたハイエースに感じました。

それではこの度は奈良県よりご来店ありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額 ロアアームブッシュ交換は左右で15000円(税別)タイロッドエンド3000円(税別)RCジョイント3000円(税別)四輪アライメント10,000円(税別)トーションバー交換6000円(税別)
スタビライザー交換は同時交換で2000円(税別)スラストブッシュの交換はすべて同時作業でサービス