さてアテンザのリフレッシュ交換です。

アテンザサスペンションパーツ

交換はショックとロアアームなどの交換です。
交換点数が結構ありますので集中して取り付けです。

ショックはTEINさんのエンデューロプラスです。

サスペンション交換作業

ショック交換

まずはショック交換です。
現在はタナベさんの車高調が入っていますが今回はスプリングもノーマル新品に交換をしていきます。
フロントはすべての部品がそろっていますので組んでおきます。

ロアアームとスタビブッシュ交換

ショックを仮付けしてロアアーム交換をしていきます。
ロアアームはメンバーダウンをせずとも外せますがスタビブッシュはメンバーダウンした方が早いのでダウンしてスペースを作って交換していきます。
マツダのスタビブッシュって結構固いんですよ。中に鉄が入っていますね。
ロアアームブッシュもロアコン側は結構くたくたな感じになっています。
交換すると結構違いがでるでしょうね。
新品取り付け時に金具の装着を一緒におこないます。
現状はありませんが純正部品でマツダの方がつけてくださいとのことでした。

さてフロントの仮付け完了です。
まだメンバーも全部ねじは締めません。
後で1Gで全部閉めます。

 

リアです。

リアはショックとスプリングの交換とトレーリングアームも交換していきます。


ローダウンから戻す場合は交換はした方がよいですね。
この部分は1G締めができる向きではありませんので負担はローダウン車はかかりますね。
ボルトは再使用なのでもともとロックタイト付着ボルトなのでロックタイト青を付着して取り付けをします。
ロックタイトもいろいろありますので使い分けが必要ですね。基本は純正と同じ色でおこないます。

さて部品交換完了で1G締めです。

 

1G締め

1G締めアテンザ

先程ゆるめた箇所とアーム部分のブッシュをすべて締め直しをしていきます。
メンバーも同じく1Gで締めていきます。

なんでも最適が一番よいですね。

 

取り付けがここで完了です。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

 

四輪アライメント調整

アテンザ 四輪アライメント

さすがは純正です。数値は調整で基準値内にすべて収まり左右差もほとんどありませんので数値もきれいです。

調整前はかなりの数値だったので試乗時も結構走りにくい感じでしたが数値通りなので調整後は間違えないです。

 

サスペンション交換作業と四輪アライメント調整後のインプレッション

 

かなり動きがしっかりしました。
エンデューロはやはりノーマルスプリングのマッチングはよい感じですね。
スプリングが新品っていうのも乗り味をマイルドにしています。
ショックとスプリングはトータルバランスが大事ですね。
ロアアームブッシュなどの大型ブッシュは交換していますので動きのしっくり感はかなり良いです。
ここまで変えるとやはり全く違いますね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。