ノートにブリッツの車高調の取り付けとDSCの取り付けです。

車高のご希望はフロント25mmリア20mmです。
メーカーの数値からいえばこの数値にはなるバズです。

 

車高調取り付け作業

さて取り付けです。

まずは仮組みの車高調をある程度まで調整して取り付けをしていきます。
フロントはベアリングが再使用となりますのでベアリングを外して取り付けをしていきます。

いつもサビが出る場所にはカッパーグリスをブッシュのうごきには通常のグリスを付けて取り付けをしていきます。
少しでもよい状態にできるようですね。

 

さてリアも同じく仮付をします。
リアはイーパワーは左右差がでますがまずは取り付けしていきます。

 

車高の高さ

さて車高の高さを見ます。
リアは左右差をあわせて片側全上げでも25mm下がってしまいます。
フロントの数値も微調整して変更してご希望より若干低くはなりますが仕方ないですね。
車高がメーカーの説明書と違っていますので修正して欲しいところですが車両誤差もありますのでどうなんでしょう。

さて車高が決まって緩めてあるトーションビームブッシュなどを締めていきます。

これで取り付け完了です。

 

DSC取り付け

 

日産車へのDSCの取り付けは配線を通す部分が少ないので結構やりづらいです。
室内への配線はエンジンルーム側からでは手が入りませんので室内側より配線のメクラからいれていきます。
やりかたは色々ですが結構たいへんなんです。
フロントはモーター移動キットもありますので取り付けをします。

 

本体はシフト部分に取り付けをして配線をおこない作業完了です。

 

四輪アライメント

四輪アライメントは冬場スタッドレスタイヤをはかれるそうなので数値はタイヤの負担がでないくらいまでにして機敏性がその状態で一番よくなりそうなところで合わせます。
トーの数値も変更して調整して数値も良い状態になりました。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

タイヤがブリジストンのRE004なので結構固めです。
タイヤの硬さがありますので減衰力を上げればワインディングでも楽しそうに感じました、

減衰力は好みに合わせるとご希望に近い乗り味になってくると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。