セリカのスーパーストラットにRS-Rのダウンサスの取り付けです。
固着がなければそんなに大変ではないですがどうでしょうね。

RS-Rダウンサス セリカ用

RS-Rのダウンサスの取り付けです。

サスペンション交換作業

フロントサスペンション交換

スーパーストラットは一時期はよく交換してたなーって思いました。
さて交換です。
ボールジョイントはそこまで苦労なく外せましたので外すまでは問題ないです。
S/Sの部分の写真を取り忘れてしまい普通のストラットに写真は見えますね。

ショックとスプリングをばらしてみるとショックがスーってしたの下がってしまいます。
引っ張ってもさほどの力はありません。完全に抜けてしまっています。
そうなると交換が大変なんです。ショックが下がってしまうのでショックを伸ばさないとスプリングを縮めても届きません。

なのでショックを伸ばし下側でタイラップでロッドをしばり伸ばした状態を作り上げアッパー取り付け後タイラップカットで取り付けはできました。
スーパーストラットはなかなかショックもでていないでの交換しようと思うとお金がかかってしまいますね。

フロント交換完了です。

続いてリアです。

サスペンション交換

リアもセリカは少し面倒なんですよ。
私の場合はリアの方がフロントより時間がかかると思います。

セリカのリアとオデッセイのRB1は非常にサスペンション形状がにています。
オデッセイも走りに定評がありますがなぜこんなに似ているんだろうって思いますよ。

交換方法も似ていますので同じように交換します。
リアはフルブッシュに近くフロントはほとんどピロボールとなっておりますね。

スーパーストラットは皆さんサスペンション交換大変という方が多いですがこの車両もSSTさえあればさほど大変ではないです。

1G締め

セリカ 1G締め作業

しっかり取り付け完了には1G締めをおこないます。
ブッシュの稼働位置が悪ければショックの抑えも少ないので余計に車が揺れてしまいます。
全箇所終えて四輪アライメント調整です。

車高の変化

セリカ ノーマル セリカ ローダウン

車高はかなりダウンしました。
ショックの抑えがないのもありますがもともとダウン量の多い設定なんでしょうね。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

セリカ 四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整はS/Sはフロントはトーのみになります。
リアはキャンバーとトーの調整が可能です。
数値はスポーツカーらしいフロントのキャンバーがナチュラルについています。
なので基準はフロントのキャンバーにしてリアのキャンバーや前後のトーを決めていきます。

リアのキャンバーもめいいっぱい起こしても少しダウンサスでは多めです。
ですがフロントのキャンバーとのセッティングは良い感じです。
トーの数値を変更して四輪アライメント調整完了です。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

さてショックの抑えがありませんのでやはり動きは厳しい感じです。
もともとダウンサスでのダウン量ではないくらい車高が下がっていますのでバンプラバーを加工しても残りのストロークはすくないです。バンプラバーまでの距離を適切にしていますので乗り心地はバンプまでで何とか抑えは効いています。ですが距離をはしれば頻度に使ったバンプラバーは砕けてきてしまうと思います。

そうなる前にはショック交換などの対策は必要ですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

ダウンサス取り付け工賃24000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)