ノアにKYBさんのローファースポーツキットの取り付けです。
ノア、ヴォクシーのショックとスプリングセットで専用設計モデルですね。

ノア KYBローファースポーツ

サスペンション交換作業

ノアフロントスプリング交換

まずはフロントのサスペンション交換です。
KYBさんのショックは純正でも採用されている部品なので社外品でも安心の商品です。
作りや制度は純正そのものですね。
ショック自体はスプリングが取り付けされる皿より上側がショート加工されています。
スプリングもKYBさんのものです。初期の強いスプリングだといつも思います。

スプリング自体は純正より短いセッティングですね。初期反応がよさそうな感じですね。

リアトーションビーム

リアはトーションビームになります。

ショックとスプリングは別体モデルの車両です。
今回のKYBさんのショックには減衰力ダイアルがついています。
初期設定が説明書にありますので初期セッティングの9に調整をおこないました。

最初はできればメーカーの希望する数値で乗ってみるのがメーカーの求めているものがわかると思いますので良いと思います。
あとはメーカーとご自身の好みの違いになります。その変更も運転の楽しさをだしますね。

1G締め作業をおこない取り付け作業完了です。

 

車高の変化

ノア ノーマル車高 ノアローダウン車高

車高はさほど下がるショックとスプリングのセットではないので車高はそこまで低くはないです。

ローファースポーツはノーマルよりもスポーツよりの走行を目的としていると思います。

 

四輪アライメント調整

ノア 四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

ホイールがENKEIの18インチが装着されています。
リムの部分のラウンド形状が若干出気味になっています。
サスペンションの動きも結構変わってしっかりショックが効いていますので対応できるくらいのキャンバーを純正ボルトでつけます。それでも純正ボルトなのでそこまではつきませんが左右差を調整しつつ純正基準値内で少し変更して調整をおこないました。
トーの数値も修正しなおして作業完了です。

KYBローファースポーツキット取り付けと四輪アライメント調整後インプレッション

さてタイヤも18インチと言うこともあり扁平も薄くなっています。
その分タイヤの硬さは出るかなって思いましたが予想以上にしっかりしている感じがします。
リアは減衰力は9で中間の減衰力より少し固めになっています。
フロントのショックの硬さがある分リアを上げている感じがします。
きれいな道はかなり気持ちよくはしれる感じがしますが凸凹な道が少しフロントの揺れを感じます。
ノーマルとの変化はかなり出ている感じがします。
バンプタッチのような乗り心地ではないので大きい段差でも違和感はありません。
走れるワゴンって言う感じの仕上がりになりました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃

KYBローファースポーツキット取り付け工賃16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)