ストリームにイデアル車高調の極の取り付けです。

車高をかなり低くしたいそうです。

車高調

極はもともと車高を低くする車高なので車高の高さは問題無く低くできそうです。

車高調を見るとブラケットのロックシート部分にはストラットですが緩み止めがついていないです。トルクも指定が無いのでおおよそのトルクで締め付けをします。

車高調取り付け作業

フロント車高調

フロントは調整式ピロアッパーマウント仕様です。

キャンバーもハンドルがきれるようにするためネガで調整をあとで行います。

リアは純正タイプのアッパーマウントです。

このタイプはどれくらいストロークが残っているのかわからないのでタイヤをつけて沈み量で図ります。

同時にキャンバーアームも交換をおこないます。

キャンバーアーム取り付け

キャンバーアームは百式です。ABSブラケットや光軸ロッドの取り付け穴もしっかりついています。

しっかり下構造です。

車高のたかさ

ノーマル 車高

車高は前下りご希望です。

前後タイヤまでかぶっています。

ハンドルはネガティブキャンバーでないと切れません。

運転席側のみ右カーブでライナーに擦ります。直進では問題は無いです。この高さをキープです。

1G締め

1G締め

高さなどが極まれば1G締めで締め付け直しをおこないます。

乗り心地はしっかり優勢したいですね。

この車高調は硬さはありますがブッシュをしっかりさせることにより細かい揺れはとれますので乗りやすさはかなりでます。

取り付け後の試乗です。

さすがにキャンバー調整機能があると数値はひどそです。

動きがあまり良くないですね。車高調の半分も威力を発揮できていない感じです。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整です。

前から写真を見るとかなり低いですね。

フロントのピロアッパーは全開でねかすのですが調整ボルトの位置を考えると少し残しての調整になりました。

ロアブラケットで左右差をあわせてフロントのキャンバー完了です。

リアも調整式なので調整可能です。

車高調動きとトーの数値が収まる所までキャンバーをおこしました。

フロントキャンバーの方がネガのセッティングです。これはお客様ご希望なのです。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

数値もきれいになりましたので試乗です。

先程の調整前と比べると全く違う感じです。乗りやすさと動きの良さがかなりでています。

しっかり走れそうです。フロントのキャンバー量は街乗りでは少し多いので内減りは結構出てくると思います。

スポーツタイヤでしたら結構走れそうな感じの車高調です。

楽しいお車になっていると思います。

 

それではこの度は大阪府よりご来店ありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 車高調取り付け工賃18000円(税別)リアアーム交換3000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)