デイズルークスにブリッツの車高調ZZ-Rダンパーの取り付けです。

同時にラテラルロッドも取り付けを行います。

ブリッツ車高調

ブリッツの車高調の推奨で組み付け予定です。

車高調取り付け作業

 

フロント足回り

まずがフロントです。

フロントはストラットモデルでストラットボルト部分が長穴なのでキャンバーの調整ができます。

ブリッツの車高調はフルコンプリートですが仮締めしかしていないので全箇所、箱に書いてあるトルクで締め直しをします。

リア足回り

リアはショック調整は非調整です。

多分太くなるとラテラルロッドに干渉するからでしょう。

ですが推奨で組み付けするとストロークが無いです。

リアストローク

揺すってみるとすぐにタッチしてしまいます。

なので今回はリアの車高をマックスまで上げて調整をおこないます。

ラテラルロッド

ラテラルロッドも取り付けですが光軸ロッドの取り付けがバンド固定なので少し気になります。

メーカーはトラストですね。

スポーツカーの部品で昔はかなり有名なメーカーでしたが最近はあまり聞かなくなりましたね。

 

ノーマル

ローダウン

車高はリアのMAX上げにしてフロントをあわせていますがそれでも結構低い車高ですね。

さて試乗です。

それでもストロークが少ないです。

リアのショックに入っているバンプラバーはウレタンの物が入っていました。いつもとは違う素材です。

純正のバンプは取り外しショックのバンプを使う仕様になりますのでバンプが強化されているのでしょうね。

バンプがつく時音がします。

乗り心地はストロークは少ないですがさほど気になりません。四輪アライメントの狂いの方がかなり気になります。

 

四輪アライメントの調整

四輪アライメントの調整

フロントのキャンバーがポジになっていてトーの数値が悪いのでのり味もイマイチなわけです。

しっかり調整すればのり味も変化がでます。

キャンバーを車高調仕様に変更しトーの数値を調整してバッチリな数値になりました。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

いいですよ。天井の高いクルマでのロール感というのはさほど気にならなくなりました。

ストロークは少ないですが直進性も問題無いです。ストロークもスプリングより後ろ側でタッチしていますので直に伝わるダイレクト感は無いです。

もう少しストロークはほしいかもしくはもう少し車高が上がるといいと思いました。

ラルグスのスプリングにはスペーサーが付きますのでラルグスの方が車高が上がるかもしれませんね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

車高調取り付け14000円(税別)ラテラルロッド取り付け1000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)