タナベさんのDF210の取り付けです。

タナベさんで車高が下がる方のダウンサスです。

 

ダウンサス取り付け作業

ダウン量などはある程度分かっていますしバンプカット量も箱に書いてありますのでカットしていきます。

DF210はファッション目的のスプリングのためダウン量が多く乗り心地も柔らかい傾向になりますのでバンプラバーもある程度使用しての走行が考えられますね。

カット量とダウン量が若干あっていない感じですが成形して少し変化を出します。

 

リアも交換です。

リアはバンプカット指定なしですが5cmほどダウンなのでアルファードの使用目的などを考えると確実にカットした方が良いですね。

カットしていきます。

もともとゴムのバンプラバーでカットは難しいですが工具があればカットも可能です。
本当だと玄武さんのバンプラバーのような質感のバンプラバーをご用意されるとよいと思います。

 

さてスプリングを取り付けして1G締めです。

1G締め作業

AGH30Wは慣れたものです。
工具も完璧なので作業も迷いはありませんね。
数をこなせば楽になってきますね。

 

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

車高の高さ

車高は前後5cmほどのダウンになりますね。
以前つけた車両はもっと下がった気がしましたが気のせいか仕様変更などがあるんでしょうかね。

 

四輪アライメント調整

 

最後に四輪アライメント調整です。

車高のダウン量も多いためやはりリアのキャンバーは結構ついていますね。
トーの数値変化では補えないので今回はタイヤの負担を減らすセッティングに変更して調整をします。

フロントのキャンバーは問題ない数値に左右差も合わせて調整完了です。

トーを修正して作業完了です。

 

DF210取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

やはり柔らかさがありますね。
ワゴンの乗り味にしては問題ないですが少し物足りなさが走りにはでそうです。
突き上げもありませんので動きはしっかりでていてハネる感じも一切ありません。

直進性もストローク確保によりでていますのでよい感じだと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け17600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)