レクサスにの車高調の取り付けになります。

RS-Rの車高調はAVSを残して取り付けができてなおかつ車高調の減衰力も決められる仕様となっております。

 

車高の高さ指定数値に合わせていきます。

 

車高調取り付け作業

 

さて車高調の取り付け作業です。

フロントはストロークなどもメーカーセッティングでとりあえず組付けをしていきます。

数値はおおよそメーカー推奨と同じになりますので推奨で組んでいきます。

フロントは何の問題もありませんそのまま装着です。

 

リアも交換自体は何ら問題もありません。
いつものようにアームを外して交換していきます。
アームを外さずに無理やりにでもできますが傷がつきますので交換時は必ず当店は外しておこないます。

さて交換できたら車高の高さの確認です。

車高の高さ

さてまずは推奨を見てみるとリアはかなり低くフロントは高いです。
フロアも1cm以上フロントが高くなっています。
GRL12用に合わせてこの違いはどういったことなのか・・・

ブッシュをすべて緩めてあるのでブッシュが邪魔をして車高が決まらないということはありません。

まずは車高を変更していきます。

この車両はリアはショックのケースは純正を使うのでストロークはほとんど確認ができません。

推奨よりも上げる方向になりますのでストロークは問題いと仮定しておこなっていくしかありません。

この車高調にリアは完全にサスペションを脱着しないと調整ができないので車高調整のなかでは一番大変な車両だと思います。

 

車高が決まって1G締めです。

 

1G締め

1G

締め直しをして試乗です。

リアのバンプのタッチ感がフロントとリアで完全に違いリアは突き上げ感が結構あります。

ストロークを変更するしかありませんのでストローク変更をします。
この変更で車高に変化が出るということはショックのストロークは完全にバンプの動き分となりますね。

それでもストロークを少なからず出した方が乗り心地はよいので街乗りでも安定できる感じに仕上げます。

車高はフロントフロア8mm下げほどでバランスをとっています。

四輪アライメント調整

GS四輪アライメント

リアのキャンバーはこのタイプのサスペンションは少しさげるだけでもキャンバーが付きますね。

調整箇所は前後のトーの調整です。

フロントのキャンバー量もありますので前後のトーの数値は純正値より変更して調整をおこないました。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

先ほどはストロークも確認していますので乗り味は良い感じです。
セッティングがでれば乗り味もよい感じです。
段差の違和感もさほど感じません。

四輪アライメント調整で直進性もよい感じに仕上がったと思います。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

 

参考取り付け工賃車高調取り付け22000円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)