CX-3にRS-Rダウンサスと四輪アライメント調整です。

RS-Rダウンサス

ダウンサス取り付け作業

 

CX-3はフロントストラットモデルのリアはトーションビームです。

デミオに似ていますがリアは少し違いますね。

 

車高のダウン量がわからないので今回はリアよりスタートです。
RS-Rの場合は箱に種類が書いてあるので中古のスプリングの場合は実際につけてみないと商品がハーフダウンなのかダウンなのかがわかりません。

リアトーションビーム キックス

リアをつけてブッシュを緩めてダウン量を把握します。
フロントがダウンすることを艦見してもダウン量は少ないですね。
ストロークにはまだ余裕があります。

 

フロントです。

リアのダウン量分のダウンでもフロントはもともとストロークが少な目なのでバンプ時にどれくらいまでタッチさせるかを決めてカットしていきます。
SUV車なのでそこらへんのストロークは若干ほしいですね。

CX-3ダウンサス

バンプを調整してフロントスプリング装着です。

アンダーカバーを外して1G締めをおこないます。
リアは最近はタイヤを外さなくとも1G締めをできる方法を見つけましたのでタイヤはつけたままおこないます。

 

 

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

 

車高の高さ

CX-3ノーマル車高
CX-3RS-Rダウンサス
CX-3ローダウン車高

 

車高は前後2cmほどのダウンですね。

ダウン量は結構少な目です。

 

四輪アライメント調整

CX-3四輪アライメント

調整箇所はフロントのキャンバーとトーの調整をおこないます。

キャンバーは左右差が取り付け時にはでていますが少ない調整幅ですが左右差を埋めていくことくらいまではできます。

左右差を合わせてトーをセッティングしなおして作業完了です。

 

RS-Rダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。

ホイールが大口径になっていて扁平が薄いタイヤでスプリング自体はそこまで固めではないですがタイヤの突き上げを感じてしまいます。
走行距離76000キロほどです。この扁平のタイヤを抑えるのであればやはりそろそろショック交換はおすすめをいたします。ショックはKYBローファースポーツなどの少し減衰力が上がっているタイプの方がよさそうですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 サスペション交換作業17600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)