アリストのボールジョイント系のリフレッシュですね。

交換部品はハブボルト交換(前後)
・パワステラックブーツ交換(左右)
・純正ステアリングラックエンドボールジョイント交換(左右)
・純正タイロッドエンド交換(左右)
・純正ロアボールジョイント交換(左右)
・純正ロアアームNo.2交換(左右)
・トムスフロントメンバーブレース取付
・四輪アライメント調整

 

の交換です。

結構点数があります。

さて取り付けです。

まずはフロントからです。

スープラキャリパーがついているので結構やりにくいです。
まずはバラバラにして交換をしていきます。
タイロッドエンドとタイロッドも交換なのですが間のナットが再使用になりますので外したいのですが固着しています。炙ってとりあえず外してネジを切りなおして取り付けをします。

そのほかはハブボルトも交換をしていきます。
問題なく交換完了です。

 

リアです。

リアはハブボルトのみ交換です。
さてキャリパーも外していきますが少しガタがあります。
台座部分のボルトナットが緩んできています。
とりあえず今回は締め直しを行っておきましたが緩んでしまう商品の可能性もあります。

ロックタイトは付着させておきましたが地元に戻られたらもう一度確認してください。
もしくはとりつけ店様にご相談してください。

ハブボルト交換ですが現状ロングハブボルトが取り付けされていました。
左リアのサイドブレーキは調整がされていない感じでした。

さて部品交換完了で四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

アリスト 四輪アライメント

さすがにタイロッドなども交換をしていますので数値はかなりひどいです。

まずは調整していきますがローダウン量も多いので数値はやはり少しキャンバーが多めです。

タイヤの内減りはでてきそうですね。

現状の数値は少しよくありませんでしたので調整後はかなりよい感じになりました。

 

試乗です。

コンピュータとハンドルセンターのずれがでますね。
何か他にも問題になる部分がありそうな感じです。
下からの見た目では全くわかりませんでしたが数値ではでています。
ご説明はさせていただきました。

そのほかお伝えすることを忘れたのはステアリングギアボックスもオイルにじみがありましたので経過観測してください。

そして差し入れありがとうございます。

初めて食べます。

あとでいただきま~す。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。