パーフェクトダンバーの取り付け

パーフェクトダンバー

アルファードに車高調パーフェクトダンバーの取り付けです。

乗り心地がいいって方とやわらかすぎて乗れないっていう人と分かれるメーカーですね。

今回は中古でメーカーのデモ車両についていた商品だそうです。

すべてネジが緩められていて説明書もありません。

一から組み直しです。

フロント車高調取り付け

まずはフロントのサスペンションからです。

フロントのスプリングは直巻のようで直巻では無いです。中間部分が広がるように設計されていました。

なのでプリロードが説明書が無いので困ったことになります。

スプリングの形状、自由長からいくとかなりプリロードをかけることになりますね。

1Gでのストロークも見ながらセッティングです。

リア車高調取り付け

リアも車高を決めてからショックのストロークを決めます。

もともとの高さぐらいが指定なのでおおよそその高さぐらいのセッティングでおこないます。

ショックの長さはストロークがめちゃめちゃ長いショックでストローク中間で取り付けをするとバンプまでの距離はものすごく長いです。

どういったセッティングなのかはわかりませんがバンプまでの距離が長すぎても危ないのでしっかり適正にします。

適正でスプリングは遊ばないのでOKです。

さて試乗です。

フロントのプリロードは結構車高調にしてはかけていますがそれでもコーナーでのロールとロールからの戻りはかなり遅いです。

バンプまでの距離も結構ありますのでプリロードまでの距離を減らしコーナーでのバンプタッチでロールを抑える手立てもありますがそうするとこのダンパーの意味も無い気がします。

もともと直巻では無いスプリングを使っているということはダイレクト感は求めていない車高調だと思いますので今回はワゴン車への装着なのでゆったり感をとったセッティングでこのままのセッティングがベストと判断し四輪アライメントです。

四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメントですがこの車高調はフロントのキャンバーとトーの調整が可能です。

車高調のブラケットですが助手席側のブラケットの幅が異常に狭く取り付け時も少し広げて取り付けをし苦労しました。

現状助手席側はちょうど良いキャンバーに収まってよかったです。

運転席側は取り付け時はポジでしたが調整後は右側に合わせてちょうどよいネガティブキャンバーに調整できました。

トーの数値も調整完了で四輪アライメント完了です。

試乗です。

やはり動きの大きさはかなりあります。直進でのギャップなどは気になりませんが緩やかな揺れが柔らかくしている分伝わります。

コーナーでの動きは今まではRS-Rの車高調が取り付けしてありましたので余計に気になる感じだと思います。

なれるまでは安全運転で宜しくお願いいたします。

 

車高

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 車高調取り付け 18000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)