アウディのXYZ車高調の取り付け

XYZ車高調

車高調取り付け作業です。

アウディA6にXYZの車高調の装着です。

この車高調は説明書や初期セッティングのデータが無いため1から調整が必要になります。

調整方法で乗り心地はかなり変わってきますのでしっかり調整が必要になります。

車高調取り付け作業

フロント車高調取り付け

まずフロントからの交換です。

A6はアッパーとアームが別体なのでサスペンション本体のみの取り外しが可能です。

純正の作りよりはだいぶ車高調の方がコンパクトになりますので取り付け自体はさどど苦労は無いです。

セッティングはかなり悩みましたがA6の車重も考えてプリロードを決めました。車高の高さはフェンダーとタイヤクリアランス指1本半ほどがご希望です。

減衰力はあとから触れませんので今回は中間でのセッティングでおこないました。

 

リア車高調取り付け

リアサスペンションの交換です。

リアは結構上げて指1本半ほどになります。純正スプリングとは全く長さがちがいますがバネレート等はどうなっているのか不明です。

一度仮組みで車高をあわせてもう一度外して車高調をおこないます。

高さが決まれば1Gの締め直し作業です。

 

1G締め直し

この状態で前後のショックのストローク長を確認しショックの長さやフロントはバンプまでの距離を確かめます。

リアのストロークは少し多めのセッティングで今回はゆったり感があるようにセッティグをだしました。

リアの減衰力はタイヤを外せば調整可能です。

取り付けより調整の方が時間がかかる車高調でした。

さて試乗です。乗り心地は結構ゆったりな感じです。乗り心地もさほど悪くは無いですがヨーロッパ車の感じが少し無くなっている気がします。

もともとボディ剛性は良い車両だとおもいますのでゆったりでも安心感があるきがします。

四輪アライメント

アウディ四輪アライメント

四輪アライメントは前後のトーとリアのキャンバーの調整になります。

セッティングはリアのキャンバーをフロントのキャンバーの数値に合わせて今回は4輪ともキャンバーを同じくらいにしました。

フロントのキャンバーが少し多めなので走りも考えるとリアのキャンバーもそこまで大きく起こすことはせずの調整です。

トーの数値は直進性を考えての調整で作業完了です。

試乗です。お値段が安めの車高調だと聞いておりますがゆったりな感じではありますが問題なく乗れます。

あとは寿命がどれくらいなのかが気にはなりますね。

 

アウディA6

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 アウディ車高調取り付け27000円(税別)四輪アライメント15000円(税別)