ジェイドにブリッツの車高調の取り付けと四輪アライメント調整です。

ジェイド 車高調

減衰力延長ダイアルをつけるため鉄板加工が必要になります。

 

車高調取り付け

フロント車高調

車高の高さはおおよそのご希望と車検が通る範囲での調整です。

減衰力は中間で取り合えず組み込みます。

 

ジェイドはフロントはストラットモデルになります。
アッパーは何とか工具が入りますね。
フロントは問題なく交換できます。
ロアアームはFD2見たいな形状です。

 

リア車高調

リアはオデッセイなどと同じ形状のマルチリンクです。
減衰力延長ダイアルをつけるのに上部の鉄板に穴あけ加工が必要です。
ブリッツの説明書によると内張りはすべて外してとなっていますがそこまでやっていると工賃がどんどんかかっていってしまいますので穴があけられるところを計算して養生をして穴あけをします。
鉄粉は養生テープを裏返しに粘着面を上にして穴をあけると鉄粉はある程度引っ付きます。
ちょうどよい位置に穴あけができました。

穴開け

今回延長ダイアルは標準のものではないものをご用意されていますので少し短いです。
取り付けすればちょうどよくなる長さは取り付けするときは大変なんです。
いつもの方法で取り付け無事完了です。

 

ブッシュを緩めた状態で車高調整をします。

車高の高さ

ローダウン車高
ジェイド ノーマル車高

ご希望の高さになったと思います。

前をあまり下げるとこの車両はかなり前下がりになってしまいタイヤやブレーキに負担がでてしまうのである程度バランスと見た目を考えての車高になりました。

 

1G締め

1G締め ジェイド

車高が決まれば1G締めです。
特別やりにくい部分はありませんね。フロントのロアアームは少し特殊なSSTがあれば簡単です。

 

交換完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

ブリッツはフロントキャンバー機能がありますのでつけただけだととんでもない数値になっています。
試乗時の走りずらさで感じました。
フロントのキャンバーは車高調とロアアームの位置でセッティングしておきました。

前後のトーを修正して作業完了です。

基準値ぎりぎりですがすべて範囲内には収まっています。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

少し硬めですが街乗りでは問題ないくらいです。
好みもありますが硬さ的にはよい感じですがしっかり感が少し少ない車高調なイメージはありますね。

調整前と比べると安定感もかなりよい感じになりました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) リア鉄板加工別途工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)