現在ビルシュタイン車高調よりオーリンズの車高調に交換です。

オーリンズ

純正アッパーマウント仕様なのでお持込いただいたアッパーマウントと組み込んで取り付けです。

アッパーのロッドのパイ数がアッパーマウントのパイ数より細いです。組み込みの際少し気になりました。

車高調取り付け作業

オーリンズ車高調

オーリンズの作りは独特です。

ブラケットの締め込みの方法、スタビリンクの取り付け部の構造なども違います。

今回は調整式のスタビリンクがついていましたので長さの調整はこちらで行いました。

オーリンズ

リアの取り付けです。

リアはスプリングの向きの指定はあります。

もともと装着されていたビルシュタインのショックのリアの片側がオイル漏れをおこしていました。

1G締め作業

1G締め作業

1G締めの作業です。

ブッシュ部分をしっかり締め直しをします。

フロントのロアアームの締め直しもおこない1G締め作業完了でサスペンション交換作業の完了です。

車高フロント5・リア1.0

車高の高さはオーリンズらしい高さですね。

低くもなく高くもなくです。

交換後の試乗です。

動きの感じはどのメーカーとも違いますね。

かなりしっかりしています。車高調で走るならこの感じっていう感じです。ストロークが少なくともしっかり収まってくれるので高さをさほど感じません。

ショックとスプリングの関係がいいのでしょうね。

動きがスポーティが苦手っていう方には向きませんがしっかり乗りたいって方はオススメですね。

 

現在リアタイヤの摩耗があるので今回は四輪アライメント調整は無しで次回タイヤ交換後におこなうそうです。

またその際はご予約お待ち致しております。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 車高調取り付け工賃18000円(税別)