ロードスターにダウンサスの取り付けです。

ビルシュタインベースの車両です。

 

ダウンサス取り付け作業

 

さて説明書を見ると何箇所かは1Gで締めてくださいねって指定があります。
締め直し場合は車高の変化が少ないですって書いてあります。
なぜ全箇所では無いのか不思議になってきます。

まずは前後のスプリングを交換していきます。
特別問題のある箇所もありません。
スタビリンクも同時に交換をおこなっていきます。

リアも問題無く交換完了です。

まずは全箇所ブッシュ部分をしっかり1G締めをおこなっていきます。

 

1G締め作業

車の事を考えれば全箇所は必ず必要になりますがメーカーのいう箇所より多い箇所をおこないます。
もともとあてにならないメーカーダウン量なのでどの取り付けで車高を決めているかにもよりますね。
メーカーのレベルを感じますね。

 

車高の高さ

さてフロントは45mmダウンリアは35mmダウンでした。
かなり車高が下がっていますね。もともとリアの方が1cm高いのでこれで2cm高くなりました。

 

試乗後四輪アライメントです。

 

四輪アライメント

四輪アライメントは街乗りから気持ちよく走れる程度のセッティングでおこなっていきます。
タイヤはブリジストンのS007なのでスポーツ走行でも十分対応できますので数値も基準値ギリギリの範囲で調整をおおこなっていきます。

全箇所調整をして良い数値になりました。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

試乗です。

走りは良い感じです。
もともと固いタイヤにサスペンションです。
乗り心地は若干街乗りではハードな感じですが揺れは少なくなった感じがしますね。
車高は少しダウンサスでは下がりすぎている感じはありますね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け17600円(税込)スタビリンク交換2200円(税込)四輪アライメント11000円(税込)