プラドにモトレージのサスペンション交換です。

ショックはビルシュタインになります。

現在はJAOSの車高調でリフトアップされています。

まずは交換していきます。

サスペンション交換

ビルシュタインのショックにモトレージさんのスプリングを組み込んでいきます。
リフトアップ量の多いスプリングになります。ビルシュタインショックの皿の向きもありますのでメーカー指定でまずは取り付けをして伸び切った状態であたらないかを確認して取り付けをします。

メーカー指定で問題ありませんでした。

交換して1G締めをしてフロントの取り付け完了です。
アッパーアームがスプリングの間にあるくらいの角度になっていますので旋回時の動きはどうなるのか全くわかりません。

 

リアもスプリングとショックに延長スたビリンクを取り付けをしていきます。
リアはジャオスさんのスプリングとさほど長さも変わりませんので問題はないです。
交換は問題ないのですがリフトでのアップはめいいっぱいですね。

 

リアも交換して1G締めをして四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント

アーム角度が悪いのでまずは調整をします。
やはり数値を見るとナックルとアッパーアームの位置が逆転している感じ担ってきている可能性がありますね。
数値は今までにあまりみない 数値です。車高を上げるとこうなるのかって言うのがよくわかりません。
今回はまずはフレームに当たってしまうのを防ぎたいとのことなのでまずはキャスターの角度を寝かせていきます。
それからトーの数値を変更していきますがそれでも左右差を補正するのに片側のアームがめいいっぱいどおしになってしまい限界であろうところまでは修正しました。

調整完了です。

 

リフトアップと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

動きはJAOSに比べると少し固めではありますがこのリフトアップ量ならこれくらいに硬さはないとって感じのところで良い感じであると思います。
気になるのはドライブシャフトとアッパーアームの角度が気になりました。
今後どの様になるのか様子を見ていく必要があると思います。

 

そして差し入れありがとうございます。
コーヒーいただきました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。