アウトランダーにオーリンズの車高調の取り付けです。
中古だとは思いますがきれいな商品です。

オーリンズ

まずはセッティングをおこないます。
推奨の車高より1cmダウンでのセッティングです。

車高調取り付け作業

現在コルトスピードのダウンサスがついていますが車高はオーリンズの方が高くなるそうです。
アッパーマウント等も新品のご用意がありますので最初に組付けて調整していきます。

車高調

フロントの車高調の取り付けです。
オーリンズのブラケットは特殊なブラケットでアルミのモデルで締め付けは後ろ側の隙間を締め付けておこないます。
スタビリンクの位置なども指定なのでそのようにつけます。
ブラケットがかなりきついので入れるのに苦労しました。

リア車高調

リアの取り付けです。
リアはかなり錆がひどく運転席側のロアアームのボルトはなんとか緩み外すことができましたが錆がかなりひどいです。
銅グリスを塗って錆での腐食を防ぎます。
助手席側のナックルとロアアームのボルトは全くはずれません。完全固着です。

どう交換するか考えなければいけません。
ブッシュをすべて緩めてアームを下げて何とか入れることができました。
アッパーの上の部分がながいオーリンズは少し大変でした。

1G締め

1G締め

1G締めの作業です。
フロントはアンダーカバーの脱着が必要になります。
締め直しがおわれば試乗後四輪アライメント調整です。

車高の変化

コルトスピード ローダウン

車高はやはりオーリンズの方が上がりました。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

調整箇所は前後のトーとフロントのキャンバーの調整が可能です。
リアのキャンバーは基準値より少し多めですがオーリンズの動きは少なめでSUVのような動きはないので問題ないキャンバー量ではないです。
フロントのキャンバーは少し少なめですが車高の高さを考えれば問題ないです。

トーの数値の変更で十分対応できると思います。

調整か完了で試乗です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

オーリンズらしい乗り心地です。動きは少なくともショックとスプリングのバランスがいいので車高調っていう違和感は少ないです。
SUVっていう感じはなく高速安定な感じです。
数値の変化も違和感なく走れます。
気になるのはフロントのスプリングの音ですね。オーリンズはスラストベアリングが入っていないのでスプリングの位置によってはバネが回っているときの音がでてしまいます。
出ずらい位置にはしましたが大きく切るとまだ少し感じます。
あまり気になるようでしたらスラストベアリングを入れるとよいと思います。

そして

差し入れありがとうございます。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)