RB1オデッセイにストリートライド車高調の取り付けです。

アッパーマウントレスの商品です。

最近の国産メーカーの車高調にしては全くシートのいち合わせがされていませんでした。

ストリートライド

写真は現車のアッパーマウントを移設した状態でスプリングシート調整済みです。

このメーカーのプリロードは3mmです。減衰力はリア硬めのフロント中間でのセッティングでのご依頼です。

車高はフロントのタイヤの隙間を極力少なくするくらいまでダウンしてフロア平行でのセッティングです。

車高調取り付け作業

フロント車高調

まずはフロントからの取り付けです。

さて純正のショックを外すのですが車のサビがかなりひどい状態ですべてのボルトナットに工具が入りません。

まずはブラシで少しきれいにしてからの作業です。

フロントは交換無事完了です。

続いてリアです。

リアはもともと固着している車両が結構あります。

特にリアのトー調整のカムとショックのボルトです。

今回は

リアサスペンション

無事交換できましたがやはり助手席側のトーのネジが回りません。

ゴムブッシュなので炙ることもできませんし強引に回すとブッシュが切れてしまいます。

今回はそのままにしておきます。

その他の部分も緩みましたがショックのボルトはかなりやばかったです。

1G締め

1G締め

リアのトーの部分一箇所以外はすべてOKです。

リアトーは特殊形状でカムの分固着しやすいのでしょうね。

車高の変化

オデッセイ

よく下がる車高調です。

希望道りくらいになっていますね。

アッパーマウントの純正ブッシュがあまり良くなかったので異音等が気になりましたが今回は問題なかったです。

できれば交換したい所でした。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

オデッセイはリアのキャンバーは車高ダウンでかなりの量になります。

今回はフロントも結構低いのでキャンバーが内減りがでそうな数値ででています。

フロントの調整前の点検でステアリングギアボックスのガタがあることに気が付きました。

ここの部分にガタがあると走行中に影響がでてしまいます。早めの処置が必要になります。

この部分はお話をして四輪アライメント調整開始です。

リアのトーの部分は回りませんが他の部分を動かして調整をしていきます。

数値は何とか良い数値まで持っていけました。

現状1箇所ですが緩まない部分の突っ張りがブッシュヘタリでなくなると数値にも変化が出る場合がありますが現状ではきれいです。

ブッシュって車高の高さやヘタリ、四輪アライメントの数値にも変化をだすくらいなんです。

フロントはガタはありますがとりあえずはローダウン時の狂いよりは良い数値に調整をおこなっておきました。

ガタはハンドルのブレなどにもつながる場合があります。

前後の数値もきれいになりましたがキャンバーの量は多いので内減りはローダウン分はでますのでタイヤの確認は内側ですね。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

乗り心地はマイルドでソフト目の乗り心地です。

フロントダブルウイッシュボーンでリアマルチリンクの車両は1G締めでしっかり取り付けをするとこうなりますね。

メーカーのイメージよりはかなり柔らかい感じだとおもいます。

しっかり動きますので乗り味には違和感は無いです。

 

あとはブッシュの部分が今後どうなっていくかとステアリングギアボックスの件もありますのでギアボックス交換を行ったらもう一度四輪アライメント調整をオススメいたします。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)