HKS車高調のマックスIV GT Spec-Aの取り付けとブリッツのマフラー交換です。

HKS車高調

マックスIV GT Spec-Aの詳細は

MAX IV GTをベースに最新理論でリセッティングした究極のストリートサスペンション

「アフターマーケットにおけるスポーツサスペンションはこういうもの」。そういった概念をリセットし、現時点でストリートスポーツサスペンションとして最もふさわしいものは何かを考え、形としたのがこの「MAX IV GT Spec-A」です。
走り出した瞬間から感じられるマイルドな当たりと奥深い乗り味を是非体感してください。

引用元:HKS様マックスIV GT Spec-A

通常のマックスIV GTとは違いフロントのヘルパースプリングレスになりプリロードもしっかりかかっています。

スポーツにふった仕様になっています。そうなるとSPとの違いの差になりますが減衰力などはGTのままで反応速度の違いがでていそうな感じです。

楽しみな車高調ですね。

車高調取り付け

フロント車高調

今回はフェンダーとタイヤのクリアランスが指1本ほどにセッティングします。

ピロアッパーマウント調整式になっており街乗りでの必要性がどこまでなのかという概念なら贅沢な仕様ですね。

お客様のご使用はストリートなのでセッティングは多めにできるに越したことは無いので問題無いです。

リア車高調

リアはヘルパースプリング付きです。

HKSさんの場合は伸び側のストロークと動きを重要視している感じのヘルパーなのでリアはさほどの変更点は無い感じです。

 

スタビリンク

スタビリンクはクスコさんの物です。

適切な長さに調整をして取り付けですがほぼ一番短い状態になりました。

1G締め付け

しっかり動かなければどの足回りを付けてもメーカー車高調の良さはだせません。しっかり足回りを動かせるようにします。

ブッシュを緩めた状態と締まっている状態で緩め比べをするとよくわかりますがブッシュを緩めている時はかなり動きます。

ブッシュを占めると同じ力ではほど動きません。それくらいブッシュって効いているんですよ。

車高の高さ

BRZ

BRZなのでFOG問題等もなく車高がダウンできます。

最近の車両はフロアはかなりフラット形状になっていますので車高が低めでも全然はしれますね。

マフラー交換作業

マフラー

ブリッツの中間より交換するモデルです。

結構テールも太めです。音はかなり多きいです。これで車検対応なんて最近のマフラーでは考えられません。作り方が上手なんでしょうね。

必要箇所のみ消音できるようになっている感じがしますね。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

ホイールはBRZ用でご購入されたそうですがご来店時は前後ともはみ出ていました。

車高を下げれば収まるとのことでしたがスポークはかなりでています。

フロントはピロアッパーマウントとブラケットで調整ができます。

今回はストリートと言うこととタイヤがヨコハマのフレバなのであまりコーナー時のキャンバー角を増やすとタイヤの摩耗度合いが早い感じになりそうです。

今回はキャンバーの方の変化のみでキングピンの変更は無しでピロアッパー中央でおこないます。

それでも少し多めにつけてもフロントのホイールはきついです。ストリートではタイヤの内減りもありますので極度のキャンバーは難しです。

なんとかリアの収まり同様くらいにセッティングしました。

前後のトーも調整し作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

マックスIV GTと比べるとかなりスポーツよりになっています。

BRZはもともとスポーツ車なので街乗りでも十分楽しい感じがします。SPは街乗りで使うにはちょっときつい感じがありましたのでその中間のモデルです。

スポーツカーを忘れない乗り心地になっていてかなりいい感じでした。

セッティングを詰めてくるとこういったものができてくるんだなぁって思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別)クスコスタビリンク別途工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)マフラー交換6000円(税別)