タントカスタムにダウンサスの装着です。

いつもはレクサスでの作業ですが今回はタントカスタムです。

さて取り付けはタナベさんのDF210の装着です。ダウン量多めです。

ダウンサス取り付け作業

DF210

アッパーマウントも同時に交換です。

アッパーマウントのヘタリは結構ありますので同時交換されると良いですね。

DF210は箱にバンプのカット量が書いてありますがこの型のタントはバンプカットが通常不可な形状なのでダウンするとかなり乗り心地が悪くなります。

そのためさほど下がらないスプリングもあるのでまずはリアから装着して高さを見ます。

スプリング交換

リアは下側に細かいピッチがきてスプリングに左右がありますので間違えないように取り付けです。

リア車高を確認するとかなり下がります。

均等に下がったとしてもストロークはほぼ0です。

フロントバンプカット

なのでバンプラバーは加工をして取り付けします。

通常はダストカバーがなくなりますが残せる方法があるんです。そしてしっかりストロークも出すこともできます。

ココらへんは技術と経験ですね。

車高の高さ

車高

1Gでの締め直しも終えて車高を見てみます。前後平均よりは少し前下りで車高が下がりました。

見た目は前の隙間がありますがフロアは前下がりです。

取り付け後の試乗です。

DF210は少し柔らかい傾向がありますがストロークがありますので乗り心地は悪く無いです。

バンプの量も大きい段差でタッチする感じなので問題無いです。

スタビレス車は少しロールがDF210ですと大きくなるかもしれませんね。

四輪アライメント

タント

この車両はスタビ付きでロールもある程度抑えられています。

スプリングが柔らかいですがもう少しロールが減るようにキャンバーのセッティングを多少でもおこないトーの調整をおこないました。

タイヤの摩耗が出るほどの調整は効きませんので現在のセッティングデータでしっかり走れるようになりました。

軽自動車はダウンすると本当によくアライメントが狂いますね。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

取り付け前はトーの数値が過大に狂っていましたので安定感が無い感じでしたが調整後は安定感はかなりでました。

ストロークもありますのでハネる感じもありませんので柔らかい感じはありますが十分ダウンサスで乗れますね。

 

それではこの度はありがとうございます。

次回はレクサスのご予約も頂いきありがとうございます。

 

参考取付工賃

ダウンサス取り付け工賃12000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)