人気のHKS車高調スタイルLの取り付けです。

以前はヴォクシーでのサスペンションでご利用いただき今回はヴェルファイアの乗り換えをされたそうです。

1年で乗り換えているそうです。

バリバリの新車の取り付けです。

スタイルL

以前もラベルのモノですね。

今回は推奨車高より1cmダウンで前後のバランスを取る感じでの調整です。

車高調取り付け作業

車高調

まずはフロントからですね。作りがしっかりしていますのでブラケット締め付け後でもちゃんと車高調整可能です。

フロント直巻の車高調です。HKSさんの車高調は倒立式ショックに直巻です。

 

リア足回り

リアは独立式のサスペンションです。

ショックはロッド側が下に来る車高調になります。

減衰力は前後とも調整しにくいですよ。今回は中間にセッティングです。

バンプカット

バンプラバーは5mm程度の加工で純正のように丸くしています。

切りっぱなしよりだいぶタッチ感はマイルドになるんですよ。

1G締め作業

1G締め

リアはタイヤを外した状態でないとできませんので1G状態を作って行います。

慣れていますので特別苦労は無いです。

同時にワイトレを装着しました。

車高の高さは

推奨1cmダウン 車高

HKSスタイルLはもともと車高をかなり下げる車高調では無いので標準も少し高めのセッティングです。

今回はアジャスター1cmのりアの変更に1Gの締め直し対してフロントをあわせています。

さて試乗です。

乗り心地はしっかり感がありますので乗りやすい感じの仕上がりです。

四輪アライメント調整

 

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整は前後のトーとフロントのキャンバーの調整をおこないます。

リアのキャンバーは少し多めなのでトーの数値でタイヤのことを優先し数値変更しました。

フロントはキャンバーの調整をストラットボルトでおこないトーを修正し数値もきれいになりました。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

HKSさんの車高調は走りやすいです。少し固めのしっかり感のある足回りです。現在減衰力のバランスは前後同じの中間です。

もう少しショックの慣らしが終わったら減衰力の変更を色々試してみても面白いと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)