20系のヴェルファイアにタナベのDF210ダウンサスの取り付けです。

DF210はダウン量が多いタナベさんのダウン目的のダウンサスです。

タナベさんは乗り心地重視のNF210とダウン量重視のDF210の2種類に加えGF210と言うスポーツカー用のスプリングのセッティングもあります。種類があるということはそれだけデータも豊富と言うことだと思います。

DF210

ダウンサス取り付け作業

フロントダウンサス

まずはフロントのダウンサスの取り付けです。

ダストカバーが切れてしまっています。

年数から言うとダウンサス組み込み時はゴム部品やベアリングは同時に交換される方が良いでしょう。

今回はそのままで中間ぐらいで切れてしまっていますがダウン量が大きいので上側の部分で十分ショックのロッドはかぶります。

リアダウンサス

りあは中間が密着のタイプです。

最近のスプリングはこういった中間異型のスプリングが多いですね。

車高の高さ

車高の高さ

車高の高さは結構低いです。ダウンサスですとストロークのことも考えると限界のダウン量だと思います。

乗り心地は少しソフトな乗り心地です。

締め付けはトーションビームやロアアームを一度緩めて1Gで締め直しを行っていますのでスプリングの性能がしっかりでます。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

最後に四輪アライメントです。四輪アライメントはフロントのキャンバーとトーの調整をおこないます。

フロントのキャンバーはストラットのガタで調整しトーの方を調整します。この作業を行うかで直進性やタイヤの摩耗度合いは大きく変わってきます。

足回り交換をしたら最善の状態でお車の方乗りたいですね。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

ダウン量は車高調なみですが車高調などと比べるとソフト感はあります。

ストロークは少ないので段差では多少のバンプタッチ感はありますが乗れないレベルではないです。

現在はメーカー指定のバンプカットを行っていますがバンプラバーもウレタン素材なのでそのうち割れてくるかもしれません。乗り心地が大きく動くようになってしまったと感じたらそろそろ純正部品の交換や車高調などの交換をおすすめですね。

現状は乗り心地も悪くなく直進性も問題ないと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

ダウンサス取り付け工賃16000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)