現在走行距離も10万キロを超えているのでショック交換でサスペンションリフレッシュです。

まず第一段階のリフレッシュですね。

KYBショック

今回はKYB NEWSRショックと純正部品の交換です。

年式・距離が多くなってきている場合のリフレッシュは純正のゴムパーツやベアリング関係は新品の取り付けをおすすめします。

純正の部品は部品共販やディーラー様で購入できます。

イラストをいただけますので当社で取り付けされる方はイラストを見せていただきましたら必要部品をご連絡もできますよ。

され皆さん交換でKYBのショックを選ばれる方が多いです。

まずはお値段が安いものがネット通販ではたくさん売っています。もう1つは純正との違いもあります。

KYBのショックの味付けですね。

これはKYBさんのHPにあります。

日常の走りをより快適に

NEW SR SPECIALは純正ショックアブソーバと同等の形状を採用、耐久性など品質はそのままに減衰力特性を最適化することでクルマの「走る」「曲がる」「止まる」といった基本性能をしっかりグレードアップさせながら「乗り心地」とのバランスをコンセプトに開発しています。
「硬くないけどシッカリ!」普段使いの軽快なカジュアルシューズを履いた感覚で安心して走れる、なんか運転がうまくなった?と思わせるショックアブソーバに仕上げています。

引用元:KYB様

とありますので乗り心地の変化も同時に行えるメリットもあります。中には固く感じる方も見えますので金額のお得感で選ばれるのを優勢したほうが良い場合もありますね。

固く感じる理由もショック自体の問題出ない場合もあります。

走行距離が多くなればブッシュぼヘタリもでてきます。そのヘタリが新品ショックの動きを抑え切れない場合も硬さがでます。

ブッシュは容易に変えられるものでもなくお値段も高いものが多いのでショックがへたり動きが大きくなりブッシュに負担がでるといった連鎖がありますので少し早めにショック交換を行うことがブッシュの保護にもつながってきますね。

 

アイシスの取り付けに戻ります。

ショック交換作業
NEWSR

まずはフロントショックの交換です。

ストラットタイプの足回りはダストブーツとベアリングは純正部品を新品に交換をおすすめします。

リアショック

 

リアはトーションビームの車両になります。

ショックとスプリングは別体ですね。

ショック交換完了後もしっかり1Gで締め直しをおこない作業完了です。

 

交換後の試乗です。かなりふわふわ感は収まっています。ショックが効いている感じがしっかりします。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

アイシスはフロントのキャンバーとトーの調整をおこないます。

キャンバーもしっかり合わせてトーを修正し四輪アライメント作業完了です。

試乗です。

しっかり感がありますし路面がしっかりわかる感じがありますので走りやすいです。

リフレッシュされた感じがしっかりありますね。

 

アイシス

 

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

KYBショック交換16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)