アウディのサスペンション交換です。

KWコイルオーバー

商品は中古ですね。

 

サスペンション交換作業

サスペンション交換

フロントはアッパーマウントごと外していく取り付けです。

アウディはブッシュを緩めてアッパーアームを外せば取り外しは簡単です。

あとはコイルオーバーのアジャスターを取り付けしていきます。
ヘルパースプリングとバンプラバーもセットなので交換をしていきます。
結構上げ気味でのセッティングでもかなり低くなります。
手でも回せますのでとりあえず取り付けです。
この車両は最初に想定でてアッパーアームの角度を決めて締めていきます。
ノーマルの位置関係とダウン量がわかればずらす位置もわかります。
RS4はブレーキローターが大口径で引っ掛かりがないので1Gは少し工夫と苦労が必要なんです。

 

リアサスペンション

リアはスプリングを外して取り付けをしていきます。

リアスプリングは少し大変でこれもブレーキが大きいのでいつもの工具が入らないためスタビリンクも緩めていつも以上にダウンさせて取り外しをしていきます。

KWのコイルオーバーも結構長いためいれるのも少し苦労します。
車高はほぼ全上げ(アジャスターとシートが面くらい)くらいにして2cmダウンほどになります。
下げる分にはまだ結構下がります。

 

さて車高の調整はKWのコイルオーバーはタイヤがついている状態でもリフトアップすればできます。
フロントはトルクスを緩めればヘルパースプリングが入っていますので手でも回ります。
リアはバネの内側よりアジャスター本体を回せるようになっていますので調整できます。
この部分はグリスアップして回しやすくしてあります。

 

あとは下側より1G締めをおこなっていきます。

この車両の1G締めは結構大変です。
数値の変化が大きいのでキャンバーの調整部分は今回はアライメントがありませんので緩めません。

その他はほぼブッシュになりますのでしっかりおこないます。

車高の高さ

 

2cmのローダウンですがかなり低くなります。

最低地上高は95mmでのセッティングです。

ご来店時はフロントの車高の高さに1cmほどの左右差がありました。
今回はスプリングで左右差を合わせているわけですが外車はかなりの変化を出さないと左右差があってきません。
ショックのへたり具合で高さの変化がでる車はスプリングで上げるには少し大変です。

 

 

試乗です。

ショックのへたりなどは走行ではさほど感じませんね。
現在は四輪アライメント調整していないため数値に問題があるとは思いますがまたよろしくお願いいたします。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換27000円(税別)