アウディのRS3にH&Rのダウンサスの取り付けと四輪アライメント調整です。

DCC付でビックキャリパーなので少し手間がかかりそうです。

H&Rダウンサス取り付け作業

さて取り付けです。

当店ではブレーキローターとナックルごと外してしまって交換をしていきます。
DCC付なので配線等は結構ありますしブレーキキャリパーがかなり重たいです。
まずは取り外しをしてスプリングを交換していきます。

フロントは倒立式のためバンプは加工不可になります。

リアはまずはブッシュを緩めてスプリング交換をしていきます。
スプリングのみの交換はさほど大変ではありません。

さて交換をして1G締めをおこなっていきます。

1G締め作業

さてこの状態でリアのショックのストロークを見てみます。
全くありません。というより純正のバンプを押しつぶしています。
これでは動きが出ず乗り味は最悪になりますね。
交換すると乗り心地が悪くなるのはこのせいですね。

しっかり加工をしますがゴルフのようにはいきません。
アウディはバンプラバーのダストカバーがプラスチックになりますので取り外しができません。
なので少し違う方法でおこなってストロークをだします。

ストロークがでたら1Gですべてブッシュ部分を締め直しをして作業完了です。

車高の高さ

車高はフロント35mmリア25mmダウンでした。

 

四輪アライメント調整

最後の四輪アライメント調整です。

フロントのキャンバーは少し推奨よりネガになっていますがローダウン量を考えればちょうどよい感じだと思います。
そこまで大きく内減りはないとは思いますが外よりは内のヘリが早いと思いますのでタイヤは内側を確認してください。

リアはキャンバーとトーを修正して数値もきれいになりました。

 

試乗です。

リアも突き上げ感がありませんので乗り味はなかなか良い感じだと思います。
しっかり動けばスプリングも生かせますね。

直進性や反応も良い感じで走りやすいと思います。

それではこの度はありがとうございました。
また、何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃: ダウンサス取り付け27500円(税込)四輪アライメント調整16500円(税込)