アウディS3にSTのコイルオーバーの取り付けです。

ゴルフと同じサスペンションのため説明書も共通化していますね。
すべて英語とドイツ語で書かれていて一部は翻訳しての確認をして取り付けをしていきます。

 

サスペンション交換作業

 

さてフロントはいつものゴルフの外し方と同じです。
ローターごと外して交換をしていきます。

ST フロントコイルオーバー

さて車高調のアジャスターをどの部分につけるかというとベアリングも外してSTのベアリングに交換してアッパーマウントを加工してその下につけます。
純正のベアリングは角度があるのに対してSTのものはありません。バネの収まりはどうなんでしょうかね。
車高は取り付けした状態ではできません。調整するたびに脱着が必要になります。

リアも同じく交換です。

リアはさほど大変ではありませんがもともと入っているSTのバンプラバーはフロントは使えますがリアはS3は使うことができませんと説明書に書いてあります。
アウディとゴルフはもともとリアのバンプラバーが違うんです。

純正を加工してストロークを変更します。

 

リアもそのままでは車高調整ができませんので外して行う必要があります。

 

車高を見ていきます。

車高の高さ

車高は前後20mmくらいの車高ダウンをご希望でした。

リアは全上げでフロントはSTのセッティングのめいいっぱい上げている状態です。

メーカーの推奨ライドハイドは340なのでそれよりは上げている状態となりますね。
この商品は車高が違えばまた外して調整をしないといけませんので取り付け工賃としては調整回数がふえれば割高になりますね。

 

さて1G締めです。

1G締め作業

さて締め直しをしていきます。

S3はこの作業で車高がかなり変わってきますのでしっかりおこないます。
締めなおし完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

 

さて調整です。

調整箇所は前後のトーとリアのキャンバーの調整です。

フロントのキャンバーは若干左右差はありますが問題無いレベルです。
リアのキャンバーと前後のトーは数値を変更して調整をしていきます。

数値もきれいになり作業完了です。

 

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

アウディもそうですがショックがある程度の乗り心地を決めていますので乗り心地はさほどの変化はでませんね。
硬くもなく柔らかくもなくです。
ベアリングが純正とは違いますので寿命も気になりますし耐久性も気になるところです。
初めての商品はそういった部分がいつも気になってしまいます。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

参考取り付け工賃 サスペンション交換33000円(税込) 四輪アライメント11000円(税込)