2インチローダウンに玄武パーツの取り付け

玄武パーツ

取り付け部品は

玄武さんのブロック、ストロークストッパー 、 ハイトダウンサポーター 、 ハイトダウンブロック2インチ 、RCジョイント、バンプアジャストタイロッドエンド、ビルシュタインのショックビルシュタイン、クスコリアスタビライザーにレベライザーとプロポーショニングバルブの取り付けと多数の取り付けです。

リアブロック

まずはリアブロックの取り付けです。

玄武さんのブロックはかなり精度がいいので安心して取り付けできます。

同時にクスコさんのスタビとビルシュタインショックやバンプなども付けていきます。

ビルシュタイン

最近はビルシュタインのショックも付ける方が少なくなりましたね。

KYBやいろいろなメーカーも力をいれて開発していますのでいろんなメーカーをつけます。

ビルシュタインも悪くないとおもいますよ。

クスコスタビライザー

クスコスタビライザーです。

ブロックと同時での取り付けなので玄武さんのスペーサーは外しての装着になります。

リーフのバンプ

この商品の取り付けが一番時間がかかります。

前後4か所の取り付けを行います。30分ぐらいかかったと思います。

CRCやグリスをしっかり塗りゆっくり引っ張って取り付けです。最後は「ポン」って感じで入ります。やっと入ったって感じますよ。

リアバンプラバー

リアバンプラバです。

2インチですとバンプスペーサーがあってもよいかなって感じです。玄武さんは部品として用意されていますね。

プロポーショニングバルブ

プロポーショニングバルブの補正をするための部品です。

リアブレーキの利きのタイミングをしっかりすることで早期のブレーキロックを少なくすることができます。

ハイエースバンにはついていますので気になっている方はつけてみるのがいいですね。

レベレイザー

ヘッドライトのオートレベライザーの補正ですね。

このメーカーのものはインチによって取り付け場所がかいてありますので簡単に取り付けできますね。

ビルシュタイン

続いてフロント周りの取り付けです。

まずショック交換です。アッパーマウントのブッシュは今回は純正品を使用しました。

スタビリンク

続いて玄武さんのスタビリンクです。作りが独特でしっかりしています。

長さは2インチダウンに合わせれ調整をし取り付けをおこないました。

玄武RCジョイント

玄武RCジョイントの取り付けです。

キャンバーとキャスターの補正もついていますので2インチダウンですとキャンバーの角度が気になるところです。

締め付けトルクがかなり高いです。説明書通りのトルクでしっかり締めました。

玄武タイロッドエンド

続いてタイロッドエンドです。

タイロッドエンドも同時に補正パーツをつけます。

この補正でステアリングにもダイレクト感がでます。RCジョイントと同時取り付けが必要なパーツですね。

バンプラバー

 

バンプラバーの取り付けです。

写真はバンプラバーのスペーサーがついていませんが実際は10mmのスペーサーを入れています。

リバウンドスペーサーも同時に取り付けしています。

やっと部品取り付け完了です。

試乗ですが程よい硬さで乗り心地もよいです。あとは四輪アライメントです。

四輪アライメント

 

四輪アライメントはフロントに補正パーツをつけていますのでかなりの数値でした。

しっかり調整をおこないますがやはりロアボールジョイントの補正がかなり効いていてキャンバーの数値がギリギリネガな感じです。トーションバーでもう少し車高を下げてキャンバーをつけてキャスターもギリギリで補正完了です。

ロアアームの位置は補正されてる分かなりいい位置になっています。

トーを修正し完了です。

試乗ですが走りやすくなりました。乗り心地もバンタイヤって感じがわかるくらいの動きを感じますのでよいと思います。

夏のタイヤに変えると良さが一段とでそうですね。

それではこの度は有難うございます。

またよろしくお願いいたします。