RS-R Ti2000の取り付けです。

箱にはAT用と書いてありましたが商品は問題ないそうです。
説明書にリアのリンク部分の1G締めを行ってくださいと指定がありますがブッシュ箇所はもっとありますしジャッキでは無理ですね。

説明書きがあるだけよいですがフロントに関しては何も書いてありません。
中途半端な感じもしますがメーカーの必要箇所よりお車のブッシュの負担の方が大事ですね。
全箇所しっかりおこないます。

 

サスペンション交換作業

さて取り付けです。
慣れているのでロードスターも結構早く作業完了します。
RS-Rよく取り付けをするためある程度のストロークも記憶しています。
まずは確実に必要ストロークを確保するためバンプは加工します。

 

リアも同じくです。
スプリングの長さは純正とは結構違いますね。短いです。
ATの方が車重がある分の変化で下がりが甘いと嫌なので後でもカットできますのでまずは取り付けです。

さて1G締めです。

1G締め作業

結構ライドハイドを見ると下がります。
リアはバンプタッチ5mmくらいですね。

バンプラバーで車高の変化がぎりぎり出ない程度のタッチですね。
ストローク確保をしていきます。
ストロークがなければ乗り心地もかなり悪化します。ストロークとタッチまでの距離は大事になりますね。
Ti2000もスプリングはいつも良いものだと思いますがストロークが無ければほとんど変わりができません。

ここまでで取り付け作業完了です。

車高の高さ

 

車高はかなり低くなっていますね。
前後のバランスは悪くないですがダウンサスでは結構低いですね。

試乗です。
ストロークも出していますので走りに違和感やタッチ感はないので走りやすいです。
縮側は問題ない動きですがやはり大きい段差では伸び側の動きが大きくでますのでダウンサスだなって感じがでますね。ゆったり乗るのであればこの方がよいでしょうね。車高調など入れると動きに制限がでますのでゆったり感は少ないです。

好みに合ったお車になるといいですね。
今回は四輪アライメント調整はございませんのでここで完了です。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 サスペンション交換作業16000円(税別)