さてクラウンロイヤルのサスペンション交換です。

 

交換と言っても現状のものをばらしてもう一度組付けるという作業です。

ショックは他店様で交換したそうですが車高がものすごく高くなったのが気になるそうです。
ロイアルはアスリートに比べると車高が高いので高さ的にはそこまでは気にはなりません。

 

サスペンション交換作業

 

まずはフロントです。

1Gは全く行った形跡はありません。
フロントに関しては組み方に問題はなさそうです。

リアもばらします。リアも完全伸びきった状態で取り付けしていますね。

それはさておきショックを外してみるとまずはトップナット下の皿の向きが違います。
外して中を見てみるとブッシュの方向が逆です。
組み込み問題があります。そのほかナックルとロアアームのボルトのナットが違うナットがついています。
クラウンのこの部分のナットはロックつきの特殊ナットです。まだまだ他にも違うボルトがついている部分もあります。いろいろな部分を説明はさせていただきました。
ボルトの向きやナットの種類細かいことですが純正でも種類を変えている以上意味があるんですよ。

 

とりあえず正常に治せる部分は直し1G締めです。

1G締め作業

1G締め

すべてのブッシュを締め直しをします。
これで一度正常に戻しますが今まで全く行っていない分のブッシュへかかった負担はかなりでしょうね。
組んだ時はかなり車高が高く少し下がったと言っておられましたのでこの分はブッシュの変形、破損での車高の変化でしょね。そもそも足回り交換して馴染みってどの部分のことをいうのでしょうね。
馴染みで車高は変化するさてどの部分??スプリングはバネなので馴染みはなく下がるならへたりです。
ショックはOILとガスです。この部分に変化はでません。じゃあなぜ車高が上がる?一番はブッシュですね。ブッシュはゴムなので伸びきった状態で締め1G状態になれば当然テンションがかかります。これが車高の変化につながります。一番大きいのはこの部分です。馴染みで変化っていうのは1Gをわかっていればなかなかでてきません。

 

さて交換して試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整ですが数値もトーの数値がかなりくるっていますのでしっかり修正しました。

数値も基準値になりきれいになりました。キャンバーもおおよそよい数値です。キャンバーの数値から見ても車高はこの高さが正常といえそうでした。

試乗です。

ショック交換で車高が上がったということですがショック交換でも十分あり得ることです。
特に15万キロのったスプリングをそのまま再使用していますのであり得ますね。
スプリングもショック同様へたりますので走行距離が多い場合は交換をおすすめします。
スプリングがへたっているとショックが効いたサスペンションになりますので段差での上りが遅くなりますのでジェットコースターのようなふわっとした感覚が出てしまう場合があります。
スプリングとショックのマッチングって大事なんですよ。

 

差し入れありがとうございました。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換作業16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)