FK7にSPOONのスプリングの交換です。

SPOON FK7

FK7もだんだん主流車種になりつつありますね。

スプリング交換作業

フロントスプリング

FK7は差し込みタイプのストラットです。
慣れれば簡単ですがホンダ車はドライブシャフトが抜ける場合がありますので注意して作業を行っていきます。
SPOONのスプリングにもフロントは左右があります。
バンプカットして成型して取り付けしていきます。
事前に大型のアンダーカバーを脱着して1G締めに備えます。

リアスプリング

リアの交換です。

リアはマルチリンクです。
スプリングの交換はさほど大変ではないです。
バンプラバーをカットしていきます。左右でバンプラバーの色が少し違いましたがカットした感覚は同じした。
ブッシュ部分を緩めていきます。アッパーマウント内側はこの車両はフレームの内側になりますので締め直しは不可になります。

 

取り付け完了で1G締めです。

1G締め作業

1G締め作業

さて締め直し作業です。
フロントはロアアーム左右1か所づつのためにアンダーカバーを外すんです。
かなりの数のクリップとボルトがあるのでこの車両で一番大変な作業かもしれません。
プラスチックが劣化してくるとホンダのクリップは外しにくいので走行距離が増えている方でサスペンション交換を考えている方はクリップは新品をご用意していただいた方がよいでしょうね。
このFK7は新車なので容易でした。

リアも締め直しをおこないSPOON取り付け作業完了です。

車高の高さ

ノーマル車高 FK7
ローダウン車高 FK7

 

SPOONのスプリングはやはり結構下がりますね。
1Gでの分も結構ありそうです。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント FK7

リアキャンバーは少し多めですが以前ノーマルに戻された方が45000キロはタイヤもったよっておっしゃっておられましたので以外にキャンバーが多くてもよい感じのセッティングが出せていたことになります。
今回も同じようなセッティングで調整を施しました。

キャンバー量が多い場合は乗り方などでも大きくタイヤの減り方が左右されます。

タイヤは必ず内側を確認してくださいね。

 

SPOONスプリング取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。
乗り心地はかなりマイルドなスプリングです。
純正よりマイルドなのかもしれません。リアスプリングが異形レートになっていますので緩やかな感じがかなり出ている感じがしますね。
街乗りゆったりにはよい感じだとおもいますがSPOONさんってそういうメーカーだったかなって思ってしまいます。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け工賃16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)