インプレッサにTEIN 車高調 STREET ADVANCE Z のお持ち込み取り付けをおこないます。
STREET ADVANCE Zは全長式ではないタイプで減衰力調整モデルです。

さて全長式と全長式の違いですが

全長式はショックのケース自体の長さを変えて調整するモデルです。

全長式ではないモデルはスプリングシートの位置を上下して車高を変えます。

ということは全長式でないモデルは車高の変更でショックのストロークの変更をしてしまいますので推奨以外は乗り心地の変化がでます。メーカー許容範囲がありますのでそれいないならメーカーの満足のいく仕上がりになるということですね。

今回は車高優先での取り付けでいただきましたので希望に合わせます。

TEIN車高調の取り付け

TEIN車高調

まずが説明書です。一度は目を通します。いつ仕様変更しているのかわかりませんからね。

TEINさんはライドハイドが書いてありますのでおおよその目安で最初の設定ができます。

車高調取り付け作業

調整ネジの位置をある程度決めます。

STREET ADVANCE Zはアッパーマウント純正流用になりますので純正をばらして取り付けをおこないます。

現状がダウンサス仕様でしかも結構低めです。現状の1cmダウンになるようにセッティングです。

フロント車高調取り付け

フロント車高調取り付け

今回は四輪アライメントがないです。インプレッサは元々キャンバーボルトが純正で装着がされています。

今回は今までの取り付け位置におおよそ合わせて取り付けをおこないました。

TEINさんの車高調もキャンバーのコトを考え純正位置よりストラットボルトの穴の位置をずらしている可能性もありますのでこういったキャンバー調整機能のある車両は四輪アライメントと同時の方が良いですね。

 

リア車高調の取り付け

リア車高調

リアもアッパーマウントは流用です。

ばらして付け替えて取り付けです。

GH8はアッパーのブッシュ等がめちゃめちゃ固いので大変なんです。

そのほかのインプレッサはいつも一緒のトルクなのになんでこの型は固いのか不明です。

車高調整

さてある程度の車高で一度ブッシュは緩めたままタイヤをつけて車高の調整をおこないます。

車高の高さはリアは推奨でフロントは15mmほどの規定値よりダウンです。

これでご来店時の数値より1cmダウンになりました。

 

1G締め

1G締め直し

最後にブッシュの締め直しです。

緩めるときのトルクを考えるとかなりのトルクになりますが通常トルクで締め直しをおこないます。

1Gの時点でストロークを確認してみましたがバンプまでの距離はほとんどない感じです。

 

締め直しが完了すれば試乗です。

大きいバンプではストロークが無い感じはしますがバンプまでの距離がここまで近くても違和感はショックが効いているせいかあまり感じません。

現在は減衰力中間なのでセッティングでもう少し乗り心地は変化できそうですが縮み側は少ないので減衰力の効きも感じられるかは少し気になるところです。

 

インプレッサ

現在四輪アライメントの狂いがあると思いますのでタイヤの偏摩耗が出てくる前には四輪アライメントをおすすめいたします。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 GH8車高調取り付け工賃 18000円(税別)