GR86にタナベさんのスプリングの取り付けと前後のスタビリンクの交換です。

まずはスプリング交換をおこなっていきます。

 

タナベストリートライドスプリング 取り付け

さて走りを優先させているスプリングですね。
スプリングの巻き方が少し変わっていますね。

バネレートアップでローダウンなおかつ初期の揺れの軽減となるとといった感じですね。
その分初期の反応はですがそこも考えられているんでしょうね。

交換はいつもどおりなので問題無く交換できます。
ピッチが狭いのでスプリングの被膜が破れてくると異音がでるかもしれませんね。

前後のスタビリンクも交換のご依頼がありますので交換をしていきます。
基本フロントは効きがダイレクトになるようにリアは少しゆるくで反応を変えてセッティングをします。
リアの反応が早いと車の挙動に違和感があり低速走行時に気になるのを防ぐためですね。

1G締め作業

さて締め直しの作業です。

この作業で取り付け作業完了となります。

車高の高さ

 

車高はフロント20mmリア30mmダウンでした。
フェンダーとタイヤの隙間は同じになりました。

 

四輪アライメント

GR86 四輪アライメント

最後に四輪アライメントです。

今回サーキット走行をするそうである程度の対応で数値をだしていきます。
大きいさーキットの走行とのことですがダウンサスと純正ショックの減衰力でタイヤはハイグリップタイヤになるそうです。
結構車に負担がかかりそうですがまずは安全になるように数値セッティングをしていきます。

数値もでました。

 

試乗です。

数値通りの走りですね。
基本は街乗り仕様からの+αなのでそこまでの一般道での違和感はありません。
乗り心地もスポーツカーらしい感じになっていますのでスピード領域は上がっているのではないでしょうか。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

ブログ内の工賃は改正されている可能性があります。
正確な工賃につきましてはHP工賃表を参照していただくかお問い合わせください。

※2024年1月より自助努力による維持は困難であると判断しサスペンション交換工賃を改正いたします。2023/12月末までのご予約の方は2024作業でも現在の価格でおこないます。