ヴィッツにクスコさんの車高調ストリートAとフロントタワーバーにブレスバー、リアスタビバーの取り付けです。

結構なボリュームの作業になります。

車高の高さは推奨ですが様子を見て決めていきます。

 

クスコパーツ取り付け作業

車高のはセッティングしていきます。
純正部品もすべてお持ち込みがありますのでまずは組み上げていきます。
グリスアップなどをおこない取り付けします。

タワーバーも台座を取り付けするためにワイパー回りを脱着していきます。
この作業が一番時間がかかるかもしれません。

ブレスバーも仮組みをしておきます。

リアはスタビバーとサスペンションは同時に取付をしていきます。
わかっていればそこまでの作業ですが初めてやなれていないと結構時間がかかる作業だとは思います。

 

部品を取り付けして車高をあわせます。

車高の高さ

車高はリア推奨(全下げ)フロントは推奨より1cm上げでバランス良い感じになりました。
キャンバーのご指定がありますのであまり前荷重だとタイヤ的問題がありますかなね。

 

さて部品を1Gですべて締めていきます。
この作業がボディパーツには大事になってきます。リフトアップでの取り付けなんて間違ってもダメですね。

 

さて取り付けをして試乗ですがキャンバーボルトをいれているためかなりのトーインです。
のリづらいです。

四輪アライメント

さてフロントのキャンバーとトーを調整していきますが運転席側のトーロッドがサビでかなり厳しいです。
なんとか回せましたので調整できます。
キャンバーはワインディングまででよさそうな値に調整してトーの数値を変更していきます。
街乗りが多いとストロークの関係上内減りは多少出てくる可能性がありますが楽しむときは大事な数値になっています。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

タイヤはBSアドレナリンです。
硬さがあるタイヤでも違和感無しです。かなり動きの制御が良い感じです。
トータル的にボディ補強も効いていて走りやすいのではないでしょうか。

減衰力は中間で街乗りは良い感じだと思います

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。