ウイッシュのサスペンション交換です。

久しぶりのウイッシュの作業です。

今回はショックにアッパーマウント類すべてありスプリングのみ再使用となります。
予算に余裕があるのであればスプリングも交換をした方がかなり違いがでます。

 

サスペンション交換作業

走行距離10万キロですが下回りのサビは若干ありますが固着など気になる箇所はありません。
経年劣化のみといった感じでスムーズに作業は進めれました。

交換パーツが新品なので安心して取り付けができます。
KYBのショックも純正クオリティなので問題無しです。

リアも同じくスプリング以外は新品です。
交換して1G締めをおこなっていきます。
この車両はトーションビーム車両になりますのでターンテーブルを引いてそのまま下から1G締めはできます。

締め直し完了で試乗後四輪アライメントです

 

四輪アライメント

ウイッシュ  四輪アライメント

最後に四輪アライメントです。
フロントのキャンバーとフロントのトーの調整が可能になりますので純正基準値に添わせて調整をしていきます。
左右差もなくなりきれいな状態へとなりました。

 

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

乗り心地はまだショックの馴染みが無いので少し高めではありますね。
そこまで違和感はありませんがショックが効いている感じがかなりあります。
1000キロほどで動きも落ち着いてくると思います。

直進性などは良い感じでした。

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。