アルファードにタナベのNF210の取り付けです。

当店ではアルファードの定番になっている気がします。

NF210取り付け作業

 

さてダウンサスの取り付けです。
もうかなりの台数をおこなっていますので外しからなども現状では完璧に近いと思います。
必要工具が決まっていると安心して取り付けができます。

いつも通りにはずしてアッパーマウントを脱着するとダストカバーが変形しています。
これは新車の組み込みミスですね。たまーにありますね。
直して取り付けをしていきます。
この曲がったカバーの部分が擦れてハンドルを回すと異音の原因の1つです。
タナベさんの場合はもう一つバンプラバーのコッコッコって音がでますので対策はして取り付けしていきます。

フロント組付け完了です。

リアはなんの問題もありません。
スプリング交換をしていきます。
スプリング交換より1G締めに時間がかかるお車です。

1G締め作業

アルファード 1G締め作業

最後に締め直しです。

すべてブッシュとなりますので全箇所の締め直しとなります。
この作業で細かいピッチングや動きにかなり違いがでますのでしっかり行うことが大事です。

 

試乗後四輪アライメントです。

 

四輪アライメント

最後に数値も整えて作業完了となります。
調整はフロントのキャンバーと前後のトーの調整です。
ローダウン分のキャンバーを残してトーを修正で数値もきれいになりました。

リアキャンバーは若干多めなのでタイヤの摩耗が多い場合はエディーファクトリーさんのアッパーアームがオススメですね。

 

NF210取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

アルファード NF210

乗り心地はノーマルよりもマイルド感があり大口径のホイールでもあまり違和感を感じません。
ソフト感がありますのでワゴン車にはよいのではないでしょうか。

直進性も向上して走りやすさもでていました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け28600円(税込) 四輪アライメント11000円(税込)