HKSさんの車高調ハイパーマックスSの取り付けです。

車高の高さはテスト時の数値でのご依頼です。

スタイルSは少しシステムが変わっていますね。
今回はテスト時と言うことでアッパーマウントとショックの間にあるスペーサーを外してフロントは調製リアはフルタップで調製をしていきます。

車高調取り付け作業

HKSさんの車高調は完全にスプリングが回らない用にセッティングされています。
異音解消も関係してきますね。
車高調ではロックしてあるバージョンはあまり見たことが無いです。この場合だと再調整は結構手間になるかもしれませんね。S660あたりの軽さでしたら問題無い感じでした。

外し方いつもの通りです。現状がモデューロのショックなのでアッパー部分に調製ダイアルがありますので気を付けて外して交換していきます。HKSさんは調整ダイアルがショック下部なのでこれも気をつけないといけません。

フロントはその他にSPOONさんのステアリングスティフプレートも取り付けしていきます。
この商品は賛否ありますが車高調との同時交換でどうでしょうね。

交換は説明書手順でおこなっていきますがヒューズボックスも外すとなお早いですね。

トルクも書いてありますのでメーカー推奨トルクで締めていきます。

 

りあはTEINさんよりは後からでも調製がしやすい感じになっています。
スタビリンクの向きが純正と少し違う感じにしてありますね。
リアも装着して車高の高さです。

 

車高の高さ

ノーマル車高
HKSローダウン車高

推奨より4mmほど低い感じの仕上がりです。
車高が決まれば1G締めですがローターが赤色のため今回はタイヤを付けた状態でおこなっていきます。
どちらでもやれる車両で良かったです。

 

試乗後四輪アライメント調製です。

 

四輪アライメント調製

S660 四輪アライメント

さて最後に四輪アライメント調製です。

調製数値もHKSさんのテスト時の数値でおこなって行きますがフロントのトーの仕様は少し街乗りも兼ねるとタイヤの摩耗が厳しいため変更して調整をします。

リアキャンバーは少ない仕様でトーの数値の変化でリアの動きを変える感じにセッティングがされています。
キャンバーボルトでキャンバーと言う方法もありますが内側はかなり狭くなりますのでホイールなどでJJ数変更をする場合は要注意かもしれませんね。

数値も整い試乗です。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

動きは少ないのみマイルドに感じるのはやはり剛性感でしょうね。
ショックが倒立と言うのがこういったのり味にしている感じがしますね。
ステアリングはSPOONのパーツなのかはわかりませんが振動がやはり伝わって来ますね。
ホディに止めてリジカラで伝わりがよくなるので余計に振動が感じるかもしれません。
気になるレベルかはお客様次第ですね。反応の変化は良い感じです。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け15700円(税込)ステアリングスティフプレート+8800円(税込)四輪アライメント11000円(税込)