新型カムリハイブリッドにエスペリアのダウンサスの取り付けです。
エスペリアさんもスーパーダウンと通常のダウンと種類を増やしてきましたね。

今回はバンプラバーは純正仕様での取り付けです。

ダウン量は3cm程度ですがストロークは確実に足りなくなりそうです。

ダウンサス取り付け作業

 

 

事前にバンプまでの距離は確認済みなので必要量はカットします。
エスペリアさんのダウンサスはやわらかめなのでストロークはかなり大事になってきます。

リアのサスペンションは50プリウスと同じタイプになり従来のストラットモデルではなくなりました。
と言うことはストロークはやばいですね。

まずはブッシュをすべて解放して1G状態にしてバンプまでの距離を確認します。
バンプタッチはしていませんがバンプまでは約5mmほどです。これではブッシュも正常になりしっかり動く足廻りになりますのでストロークが足りず走行中はバンプタッチで乗り心地が悪くなってしまいます。
リアもバンプカットです。スプリングの柔らかさとショックの柔らかさが結構ありますのでストロークはある程度の確保が必要です。

1G締め

ストロークも確保できたところで1G締めをおこないます。
フロントはブッシュの向きが特殊なのでできません。

リアは全箇所ブッシュなのですべておこないます。これで乗り心地もかなりの変化がでます。

締め直しも完了して試乗して四輪アライメント調整です。

車高の高さ

程よく下がっています。ホイールが純正でも大きいので隙間は気になりますがこの隙間ならヨーロッパ車くらいの車高に見えますね。

四輪アライメント調整

リアの形状がかわりマルチリンクになりましたのでリアはトーのみの調整になります。
フロントはキャンバーとトーの調整が可能です。

リアのキャンバーは少し多い感じになりますのでトーの数値を純正値ないで少し変更をおこないます。
フロントはキャンバーも左右差もなくしトーを修正し十分な数値に調整できました。

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

まず乗り心地はすごくマイルドで純正とさほど変わらないかむしろ純正よりマイルド感があります。
柔らかめでストロークもちょうどよさそうなところでバンプタッチなので問題ないです。
もう少ししっかり反発力が欲しい方はエスペリアさんのバンプラバーを取り付けすると素材の違いでコーナーなどのしっかり感は増すと思います。
元々スポーツカーではないので楽に乗れるくらいがいい感じだと思います。
四輪アライメント調整後は直進性もよくなり安定感ばっちりになりました。

それではこの度はありがとうございました。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額

ダウンサス取り付け工賃16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)