新型プラドにJAOSの車高調 BATTLEZ VF-R リフトアップセット コンプリートの取付です。
別タンクモデルのショックです。

JAOS

この車高調ははじめての取付になります。

国際ラリーなどで実際に使用されているKYB高性能ダンパーをベースにストリートユース向けにアレンジしたリザーバタンク付きのプレミアムダンパーとヘタリ保証を付帯したBATTLEZリフトアップスプリングTi-Wをセットにしました。さらにラテラルロッドを追加したコンプリートキットです。

引用元:JAOS様 BATTLEZ VF-R リフトアップセット コンプリート

ショックはラリーで仕様しているそのままだそうです。
ショックの調整方法は全くわかりません。どの強さなどセッティングが難しそうです。

リフトアップ作業

フロントスプリング交換

まずはフロントから交換していきます。
別タンクですが交換は通常通りでできます。
車高の高さは前下りにならないようにとのことなのでセッティング可能数値限界までの調整です。
それでも少し前下りになります。

フロント装着

タンク取付位置はメーカーステーがあり位置も決まっていますので考える必要はありません。

1G締め

1G状態時に配管等が当たらないかの確認をして1G締めを完了させてフロントの作業完了です。

続いてリアです。

リア取付

リアはショックが逆さまになります。ロッドが下側になるスタイルです。
アッパーのネジはホースがあるので少し締めづらいですが問題なくできました。
ホースは固定バンドが同封されていますので説明書に近い感じで取り回しを考えて取付をおこないました。

JAOS

別タンクはサイドのフレームに収めます。
これで1G締めをおこない取付完了です。

プラド

車高の高さは少しまだ前下りです。
このショックとスプリングの組み合わせの方があがる量は通常のJAOSの車高調にくらべると少ない感じもします。
ショックのゆとりでしょうか。

試乗後四輪アライメントの調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

いつも取付をよくおこなっている通常の車高調とは乗り心地が全く違います。
ショックの仕様でこんなにも変わるんだなって感じました。
調整の仕様は車高が上がっていますので自由度は少なめなのでまずはタイヤのことを考えてのセッティングです。
今後ラリーで走られるそうなので現状の様子を見ながら数値の変更や減衰力の変更などをおこなっていくと楽しいでしょうね。

リフトアップと四輪アライメント調整後のインプレッション 

さてまず乗り味ですが本当にリフトアップされたのかっていうくらいノーマルに近く感じます。
ノーズダイブの感じはだいぶ軽減されているのに柔らかさがあるので運転は低速でもかなりしやすいです。
ショックのコントロールの記載が低速と高速とで分けられていました。
このセッティングで一段と好みにセッティングができるわけですね。
直進性などは四輪アライメントの調整でカバーしていますので走りも良い感じになっていると思います。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。
それではこの度はありがとうございます。

参考取付工賃

車高調取付+別タンク24000円(税別)ラテラルロッド1000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)