フォレスターの新型のSJGに色々とブレスバー系の商品を取り付けします。

クスコ パワーブレース フロントサイド

クスコ パワーブレース リヤメンバーサイド

クスコ 強化リヤデフマウント

レヴォーグSTI用電動パワーステアリングクランプスティフナー

の4点です。

クスコ

クスコの商品3点とSTIのパーツです。

クスコブレスバーの取り付け

リアクスコブレスバー

リアからです。

デフの強化マウントとサブフレームの補強ですね。

リアは問題なく装着完了です。締め付けは1G状態でおこないます。

フロントのSTIのパーツの取り付けです。

レヴォーグSTI用電動パワーステアリングクランプスティフナーの取り付け

助手席

この商品は少し取り付けが大変です。

マフラーのフロントパイプを外して取り付けをします。

ステアリングギアボックスを固定するステーを交換するものです。

ステアリング

純正に比べて厚みがありますね。走行距離も少ない車両ですがネジがすでに錆びていました。

磨いて銅グリスをつけて取り付けし直しておきました。

マフラーを戻す前にクスコさんのブレスバーの装着です。

クスコアーム

純正のステーを外してクスコさんの商品に交換して牽引フックのもともとある穴に固定するというものです。

運転席側は問題なく引っ張る感じもなく取り付けできましたが助手席側は牽引フックのネジやステーの取り付け部分のサブフレームなどを緩めてもまだ5mmくらいの隙間が埋まりません。

先に1G状態でクスコさんの商品を締めて残りのボディと付く部分を締め付け引っ張る感じでの取り付けになりました。

これでいいのかは不明ですが最適だと思いつけました。

これで部品の装着前後完了です。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

現状リジカラも装着されていましたが締め付けが1Gでリジカラが締め付けられているかも不明なので締め直してから四輪アライメント調整です。

数値はフロントは基準値から外れている部分もありましたのでしっかり修正します。

フロントのキャンバー左右と前後のトーの調整をしっかりおこない数値も基準値にそったきれいな数値になりました。

車のふわふわ感が気になるそうなので今回はブレスバーなどをおこなってみたそうです。

さてどう変わるでしょう。

ブレスバー装着と四輪アライメント調整後の試乗

タワーバーの装着もされていますのでよりボディの硬さが出ている感じがしますね。一段と足回りの動きがわかる用になった感じです。

こうなるとタイヤの柔らかさが気になります。タイヤをインチアップ等でボディに合わせると足回りの動きがきになるようになってきます。

車ってトータルバランスが大事だなぁって思いました。しっかり感を求められていますので今回は良い感じの仕上がりだと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。