RS-Rのダウンサスの取り付けです。

RS-Rダウンサス

RS-Rは梱包での塗装のハゲは何とかならないのでしょうか。あと場所の書いたシールも剥がれないし・・・

ダウンサス取り付け作業

フロント交換

フロントからです。

50プリウスはフロントはストラットモデルです。前の30プリウスと同じですね。

アッパーマウントのベアリングが大型のものになりマツダの用なタイプになりました。

バンプラバーはカットしています。事前にダウン量をHPにておおよそ確認して必要分のカットをしています。

バンプタッチでは乗り心地に問題がありますからね。

リアスプリング交換

リアもスプリング交換です。リアはマルチリンクに50プリウスからはなりました。

スプリング交換と各アームの1G締めのためブッシュを緩めてフロントはアンダーカバーを脱着します。ちょうどお客様が落としてクリップが見つかったのでお返しいておきました。

1G締め直し作業

1G締め

リアの動きはこの作業で決まると言ってもいいと思います。

50プリウスはこの作業で車高の変化もでますし乗り心地の違いがかなりでます。

さてこの時点でリアはショックのストロークとバンプまでの距離を確かめます。ほぼバンプタッチでした。バンプタッチではいくらマルチリンクになってもローダウンでの乗り心地の悪化は避けられません。

まずはバンプラバーをリアもカットしてストロークを確保します。

ストロークにも余裕がうまれました。

しっかりとした動きがなければどのスプリングを入れても同じです。

ダウンサス取り付けはこれで完了です。

車高の高さ

ノーマル車高 車高

フロントは30mmリアは40mmダウンでフェンダーと地面までの距離は同じになりました。純正はリアが1cm高いです。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

四輪アライメントはフロントのキャンバーと前後のトーの調整ができます。

リアのトーはダウンサス取り付け時に動かしていますので数値はずれています。

フロントはローダウンによるトーアウトの数値がかなりひどいです。

この状態での走行は安定感もないですし燃費も悪いです。そしてタイヤの偏摩耗もかなりのもになります。

しっかり調整が必要です。

50プリウスのマルチリンクはローダウンでリアのキャンバーが多めになります。

トーの数値は純正値より少し変更をして調整しますがキャンバーでの角度による内減り方向の数値ではありますね。

フロントのトーとキャンバーは3cmのダウンでしたら問題ない数値に調整ができました。

これで数値も現在最適になりました。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

乗り心地は動きもしっかりあり、かなり良いと思います。

前後とも突き上げ感もありませんしリアの動きが良いので乗り心地も良いです。

バンプタッチですとこのようには乗れないですね。

四輪アライメント調整前の動きに比べると直進性もそうですが車両のストレスもなく走り出す感じの変化も感じました。

気持ちよく走ることができると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

ダウンサス取り付け工賃16000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)