86のリジカラとSTIのメンバーボルトの交換のご依頼と交換に伴い四輪アライメント調整のご依頼をいただきました。

86のリジカラはよくつけている気がします。

今回は前期モデルの86に施工です。

ボルトリジカラ

STIのリアメンバーボルトにフロントの純正メンバーボルトとリアショックの通称86ボルトをつけます。

86前期の最初のタイプはこのボルトでは無いので同時に交換です。

ネット通販でセット品で販売してますね。

リジカラの取り付け

フロントリジカラ

まずはフロントからです。

今回は純正ボルトを同時に交換します。前期とこのボルトの違いはボルトの六角部分のつばの大きさ(厚み)が違います。この効果はメンバーを面でしっかり捉えられますし捉える強度も変わってきます。リジカラと似た交換ですね。リジカラはメンバーとフレームの間にも挟み込み取り付けます。

ルアリジカラ

リアはSTIのメンバーボルトになります。この部品は長さが全く違います。

フレームの奥がどうなっているのかがわからないでこの長さの効果がどうなのかわかりませんがボルトの素材も違うので強度が高いのでしょうね。

リジカラも同時に装着します。

四輪アライメント調整

 

86

四輪アライメントはメンバーをダウンしているのもありますが結構数値が狂っています。

左右差やトーの数値が大きく狂っていました。この補正でもかなりの乗り心地に変化が出てくると思います。

前後のトーとフロントのキャンバーの数値をしっかり調整します。

左右差もなくなり数値もきれいになりました。

 

リジカラ装着と四輪アライメント調整後のインプレッション

さて試乗です。四輪アライメント前と四輪アライメント調整後も乗っていますが四輪アライメント調整後は直進性や左右のコーナーでの違和感もなくなり走りも良くなりました。

四輪アライメント前のリジカラ装着時はリアの動きがかなり変化が今回は出ている感じがします。前期モデルにボルトも同時交換をおこなったことやショックのボルトを交換したこともあるのかリアはトラクションを感じます。

前期の方はおすすめかもしれませんね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 リジカラ取り付け18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)